CFD投資のメリット

10月≪ 2013年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.10 (Sun)

島倉千代子、死のレコーディング、南こうせつ語る

島倉千代子


去る11月8日に亡くなった、島倉千代子さん、
最後の最後まで、歌姫だった。

自分の歌を死の2日前に
自宅でレコーディングを強行するという
プロ精神を貫いた。

と言うよりも、
彼女は、彼女の精神も肉体も魂も、全てが、歌!にあった。

南こうせつさんに1年前に、歌を頼んだ。
この歌を、まだ制作途中の段階の時に、
非常に気にいり、
この歌は、お倉入りはさせたくない!
と涙ながらに言ったそうだ。


当初、今月15日がレコーディングだったが
「その日まで待てない。すぐに声だけでも入れたい」と島倉さんから連絡が入った。
「5日に体調を考えて、ご自宅のリビングでレコーディングできるよう整えました」と南。


そして、5日に彼女の部屋でレコーディングが行なわれた。
死の2日前である。

翌日の6日、体調を崩して再入院したが、
この日、お礼の電話があったということだ。


涙ながらに南に語ったのは、こんな言葉だった。

 「私の部屋の中にスタジオができて、そこで私はできる限りの声で歌いました。自分の人生の最後に、二度と見られない風景を見せていただきながら歌を入れられるって、こんな幸せはありませんでした。人生の最後に素晴らしい時間をありがとうございました」


これが、きっと人に語った最後の言葉だったのではないでしょうか。

「自分の人生の最後に」
「人生の最後に」

と、2度も最後、という言葉を言っている。

自分の命の灯が消える、
というのは、自覚できるものなんでしょうか。

こうして、
最後の最後まで、歌に情熱を注ぎ、
歌に生き、歌に死した、
というのは、もしかしたら、どんなに苦しかった人生ではあったとしても、
幸せな人生だったに違いない。

ご冥福をお祈りします。

こうせつ明かした、島倉千代子さん最後の壮絶レコーディング

スポーツ報知 11月10日(日)7時1分配信

 歌手の島倉千代子さん(享年75歳)の死から一夜明けた9日、島倉さんが来年の歌手生活60周年に向け準備していた新曲「からたちの小径」(作詞・喜多條忠)を作曲した南こうせつ(64)が最後の壮絶なレコーディングの詳細を明かした。また、デビュー前から島倉さんに憧れていたという歌手の石川さゆり(55)は都内で会見。涙ながらに「島倉さんの歌いざまをしっかり焼き付けて歩いていきます」と語った。

 南がマスコミ各社に送ったファクスによれば、同曲は1年前、本人から直接頼まれた。今年5月に制作途中のメロディーを聴いた島倉さんは非常に気に入り、感激のあまり「この歌は絶対にお蔵入りさせたくないから、よろしくお願いします」と、涙を流して念を押されたという。

 当初、今月15日がレコーディングだったが、先月29日、「その日まで待てない。すぐに声だけでも入れたい」と島倉さんから連絡が入った。「5日に体調を考えて、ご自宅のリビングでレコーディングできるよう整えました」と南。

 体力的に見ていて1回歌うのが精いっぱいという印象だったというが、「3回歌われました。奇跡の歌声でした。1回ごとに感情豊かに歌われ、3回目は『もっと自由に好きなように歌います』とおっしゃる姿に、歌に対する情熱を感じました」と振り返った。

 島倉さんは6日、体調を崩して再入院したが、この日、お礼の電話があった。涙ながらに南に語ったのは、こんな言葉だった。

 「私の部屋の中にスタジオができて、そこで私はできる限りの声で歌いました。自分の人生の最後に、二度と見られない風景を見せていただきながら歌を入れられるって、こんな幸せはありませんでした。人生の最後に素晴らしい時間をありがとうございました」

 その2日後、訃報に接した南は「最後の最後まで歌に生き、歌を愛するその姿勢はまさに歌の神様でした」とつづり、冥福を祈った。

 コロムビアによれば、同曲の収録に立ち会っておらず、発売などについては今後、検討していくという。

関連記事
スポンサーサイト
10:27  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.11.07 (Thu)

華原朋美が知らない 恋人候補「竹田家」の借金トラブル

華原2


「華原朋美が知らない 恋人候補「竹田家」の借金トラブル」

てなタイトルで、日刊ゲンダイに記事が出てたけど。

華原さん、って、とてもかわいくて、純な感じで、
私でも好き!だもんね。

男性諸君なら、彼女に好感もつ人は多いでしょう。

それに、薬物、などで、死ぬほどの苦しみを味わった。
それもこれも、昔の彼によって~~~~~

詳しくは分からないけど、
元彼は、やはり酷過ぎだよね。
その分、宇宙?天?はよくできている。

元彼は、ケイコに乗り換えてから不運?不幸?続きだもんね。


言っちゃ悪いけど、
放った矢は、必ず自分に帰り、自分が刺される。


ま、男女の仲って、色々有りだから、一概には言えないけどね。


で、今回、朋ちゃん、素敵な素敵な王子様から求愛されてる!って、
ほんと素敵なこと。


でも、朋ちゃん、今は、自分を応援してくれた人たちへの
恩返しで、恋や愛をしてる暇はない、

王子様には、もうちょっと待ってね。

ということらしいが、

別に、朋ちゃん、この記事にあるように財産とかは、
全く目当てなんかじゃない!
というのは、明らかじゃない!!


でもま、竹田家に以前、問題があったことは確かでしょ。
下記にある記事通り、資産というのはあまりないかもしれない。

でもそんなこと全く関係ない。

2人の幸せ祈りたいね。
朋ちゃん、来年オーケー返事だよね(笑)


華原朋美が知らない 恋人候補「竹田家」の借金トラブル


明治天皇の玄孫は「いとおしい」とメロメロだが…

 世が世なら、である。

 テレビのコメンテーターとしてもお馴染みの元皇族・竹田宮家の竹田恒泰氏(38)との熱愛が発覚した華原朋美(39)。竹田氏はテレビの取材に「誕生日にバッグをプレゼントした」「いとおしいと思っている。何度もお会いしていることも事実」と恋愛関係をオープンに。現在、慶大講師を務める竹田氏はJOC会長・竹田恒和氏の息子で、明治天皇の玄孫という超サラブレッド。互いに独身。このまま関係が熟せば当然、結婚も視野に入ってくる。

「もし結婚したら絵に描いたようなシンデレラストーリー。薬物中毒のドン底から這い上がった歌姫が王子様に見初められるなんて、おとぎ話のようです」(芸能リポーター)という声ももっともである。だが、竹田家は過去に旧宮家らしからぬトラブルで週刊誌の話題をさらったことがある。

「親族の借金踏み倒し騒動です。恒泰氏の母親と祖母が、理事長を務めていた病院経営に行き詰まったため竹田家の名前を使ってあちこちで借金をつくったのです。まったく返済するそぶりがないので債権者が怒って洗いざらいをブチまけてしまった。騒動自体は15年ほど前のことですが、その過程で元麻布の自宅も差し押さえられてしまった。恒和氏は07年に妻と離婚していて、借金騒動については無関係というスタンスを貫いています。元皇族とはいえ、ビックリするような資産はないはずです」(事情通)

 財産目録にガラスの靴は――。(日刊ゲンダイ)

関連記事
11:20  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。