CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.27 (Fri)

ドクター中松氏、余命1年半「治療法の発明にかけたい」

ドクター中松氏、は、都知事選にも出ていた。
元気なんだね、と思っていたら、末期のがんだということだ。

前立腺がんは、陽子線なども適用になってたと思うし、治療が結構容易ながんと思っていたが、

単なる前立腺がんでなく、「前立腺導管がん」なんだそうで、治療が難しいということだ。。

末期ということは、他の臓器にも転移しているということか、その辺の詳細は分からないが、、、、

治療法を選びながら、民間療法も交えてやれば、ドクター中松氏なら、何とか危機を越えられるのではないだろうか。
期待している。





<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。



引用:

2014.06.27
. 発明家の「ドクター中松」こと中松義郎氏(86)が昨年12月に末期がんと診断され、医師から「余命は来年(2015年)末まで」と宣告されたことを明かした。26日に東京都内で記者会見した。

 中松氏は「健康に留意すれば人の寿命は最大144歳まで可能と論文を書いた私の命が終わる。大変ショックだった。新たな治療法の発明にかけたい」と話した。

 中松氏によると、病名は「前立腺導管がん」。治療が難しいといい、今後は治療法と「がん治療ロボット」の発明を目指すという。発明法を伝授する講義やがんで苦しむ人のための募金活動にも意欲を見せた。

 26日で86歳を迎えた。この日に会見した理由は「世のため、人のためになることを告知しようと思った」。中松氏は今年2月を含め都知事選に過去7回出馬している。






SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE



人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
13:52  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1033-3c763c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。