CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.07 (Mon)

号泣県議、野々村竜太郎 辞職も念頭に 「説明できない分は返還」

本日7日午前に野々村議員についての対応協議が行われ、、内規の見直しや領収書添付の徹底などについて話し合われたということだ。

野々村氏は雲隠れかと思いきや、ちゃんと別室に控えていたようだ。

梶谷議長に対し「再調査に応じ、説明できない分は全て返還する」とした上で「ご迷惑をおかけした。議員辞職も念頭におきたい」と述べたという。

本人の口から、議員辞職も念頭におきたい、と述べたたというのは、もうすでに覚悟を決めている、ということですね。

あたしとしては、あの泣き叫びの時すでに、そういう不正請求をしてしまって、という気持ちの言い訳のようなもので、、、、つまり、不正をした、ということでの泣き叫びになってしまったのだ、ということなんです。

不正をしてた、という心の葛藤が、噴出してしまった。

だからこそ、あり得ない泣き叫び会見になったのです。

潜在意識は誤魔化しがきかない、ということです。

潜在意識は、本心が必ず表に出てしまうんです。





<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。




引用:

号泣県議、辞職も念頭に 「説明できない分は返還」

神戸新聞NEXT 7月7日(月)12時52分配信

号泣県議、辞職も念頭に 「説明できない分は返還」

 兵庫県議会の野々村竜太郎議員(47)=無所属、西宮市選出=が2013年度、豊岡市など遠方に日帰りで計195回訪れ、政務活動費(政活費)として約300万円を支出していた問題で、県議会各会派が7日、緊急の代表者会議を開いた。議会として野々村氏にあらためて活動内容の説明を求め、応じない場合は梶谷忠修議長を通じて辞職を勧告することを決めた。

 これを受け、別室に控えていた野々村氏は梶谷議長に対し「再調査に応じ、説明できない分は全て返還する」とした上で「ご迷惑をおかけした。議員辞職も念頭におきたい」と述べたという。

 全5会派の幹事長や正副議長ら計10人が出席。冒頭、梶谷議長が「野々村議員は説明責任を全く果たしておらず、議員としての資質に疑問を抱かざるを得ない」と、問題発覚後の野々村氏の対応を厳しく批判した。

 非公開で行われた協議では、1日の会見で訪問先や活動内容などについての説明を拒むなどした野々村氏への批判が噴出し、議会として厳しい姿勢で臨むことを求める声が相次いだという。また、現行制度では政活費の不自然な支出を防げなかったことを踏まえ、内規を見直し、領収書添付の徹底などを盛り込むことを確認した。

 野々村氏は初当選した11年度や12年度にも同様の支出を繰り返していたことが分かっている。(三木良太、岡西篤志)






SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE



人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
14:19  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1080-f2a67b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。