CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.08 (Tue)

野々村議員の会議出席も見事にマスコミから逃げた、辞職は目前、次は詐欺逮捕か

ここまで来たら、絶体絶命まできているのだけど、

それでも雲隠れしたりしないで、代表者会議によく出てきましたね。

その際、マスコミから避けるために、荷物用エレベーターを使うなどして、入退場した。これは事務局からの配慮だった。

過呼吸なのどの症状も見られ、自殺をほのめかしたりとで、憔悴しきっていた、ということだ。

それにしても、自殺をほのめかす人ほど自殺はしないから大丈夫だとは思うが、、、、

ただ、やったことは犯罪だ。詐欺罪が成立する。辞職だけでは済まされるものではない。次は逮捕だ!

ウソの申請で数百万円もの公金を得ているわけだから、詐欺事件として立件される可能性は高いですよ。

県議会や市民団体などが告発する事態にもなるかもですね。

天網恢恢疎にして漏らさず

悪事千里てな感じで、URの部屋を事務所代わりにもしていたそうで、、、ボロボロ幾らでも出てくる。

泣いても、辞めても、最後は、自分のやったとことの罪を償わないと、次の人生はない。

悪いことをしたあとの人生は大変だ。これから何を糧にして生きていくのだろうか。




<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。



引用:

「マスコミ怖い」県議号泣の次は逃走劇

 不自然な政務活動費支出問題と号泣会見で批判を集めた兵庫県の野々村竜太郎県議(47=無所属)が7日、事実上の辞職勧告を受けた。県議会5会派による代表者会議に出席し、責任を追及された野々村氏は「辞職を念頭に置いている」と返答した会議室へは、荷物用エレベーターを使うなど報道陣の目に触れずに入退場。世間を驚かせた号泣会見に続き、今度は逃走劇を展開した。

 号泣の次は逃走だった。野々村氏はこの日、兵庫県庁で開かれた代表者会議に出席し、事実上の辞職勧告を受けた。会議は午前11時、本人不在で始まり「活動費の使途を過去3年度分にわたって再調査する」と決議。同40分、梶谷忠修議長が議会事務局員へ、野々村氏の招請を指示した。

 野々村氏は同45分、人目のつきにくい荷物用エレベーターで会議場のある5階へ着き、議長室から会議室に駆け込んだ。議長から「説明できない政務活動費は全て返還」「説明責任が果たせなければ速やかに議員を辞職すること」と、実質的な辞職と説明責任を求める勧告文を渡され、「再調査に応じ、説明できないものは全て返還する。議員辞職を念頭に議長と相談したい」と語ったという。

 事務局によると、この日の逃走ルートは号泣会見の翌2日、野々村氏が議長から注意を受けた際に偶然使った経路。同氏から「マスコミが怖い」と訴えられた事務局が配慮し、このルートを提案したという。

 説明責任を果たさない野々村氏を結果的に守った形の事務局は「2日の時点で憔悴(しょうすい)しきっており、過呼吸のような症状も見られた。本人から『自殺に追い込まれるかもしれない』との発言もあり、配慮した」と説明。野々村氏のブログにはこの日、逃走最中と思われる正午ごろに「心身とも疲れ果てて不安」と報道自粛を求めた。携帯電話の着信も拒否している。

 野々村氏は初当選した11年度からカラ出張と疑われるような不自然な出張や支出を繰り返した。同じ無所属で控室が同じ丸尾牧県議からは「辞めるだけでは何も説明していない。あったことはすべて話さないといけない」。井戸敏三知事からも「説明できないなら出処進退を考えるべきだ」と最後通告された。

 この日、目撃した局員によると「2日よりも憔悴した様子で、無精ひげもはやし、一回り痩せた感じ」という。逃走した号泣県議の逃げ場が、いよいよなくなった。【村上久美子、鈴木絢子】

 [2014年7月8日8時45分 紙面から]日刊スポーツ





SHORTEST ROUTE TO MAX TOEIC@TEST SCORE



人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
11:47  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1081-ddfaa02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。