CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.26 (Sat)

カント愛した元院生、存在感薄く 岡山・女児監禁容疑者

岡山倉敷女児監禁事件の犯人、
大学院というところまでは知っていたが、

まさかの大阪大学大学院博士課程だそうな。研究者の卵であったようだが、就職がうまくいかなかったようだ。

今でも、博士課程出ても大学などで職を得ることはかなり厳しく、志通りにはいかなく、人生を挫折していく人たちも多い。

この藤原武容疑者も、挫折組だ。(詳細は下記)

哲学や倫理学なんてのは、ある意味、妄想の世界だ。
その世界に身をおいてきた藤原は、その延長線上に女児への妄想を限りなく膨らませ止まらなくなってしまったのだろう。

道を逸れた人間の間違った妄想世界。

こういう挫折組の人間は沢山いる。けれど、その挫折から普通は、また次なる道を見つけて人生を歩んでいる。

その志した道だけが全てではない。人生は限りなく大きく広く深く、未知の世界が幾らでも待ち受けているものだ。

その素晴らしい人生があるというのに、
藤原武容疑者は、反社会的な犯罪に走ってしまった。

ま、妄想が止まらなく、病気だったのかもしれませんね。


朝日新聞

カント愛した元院生、存在感薄く 岡山・女児監禁容疑者

2014年7月26日10時30分

 岡山県倉敷市の女児(11)が監禁され、5日後に保護された事件で、逮捕された岡山市北区の無職藤原武容疑者(49)は、大学院で哲学を学び、研究者を志した寡黙な青年だった。監禁容疑での逮捕から26日で1週間。県警は未成年者略取容疑での立件に向けて、事件の全容解明を進める。

 「カントを愛している」

 約20年前、大阪大学大学院の博士課程で倫理学を専攻していた藤原容疑者は、研究室の宴席で同窓生にこう打ち明けた。寡黙で勉強熱心。青春時代の藤原容疑者を知る人たちの印象は似通う。交友関係は少なく、存在感は薄かった。

 地元の私立高校を出て、一浪して法政大学に進学。その後、ドイツの哲学者カントに心酔し、大学院の研究室で研究者を志した。

 だが、学問の壁に突き当たる。学友が順調に助手や教職に就き始める中、1人だけ就職先が見つからなかった。ある同窓生は「進路が決まらず焦っていた。気まずかったのか、周りに気づかれないように単位取得退学した」と話す。1995年ごろのことだ。

 大学院を退学した後は、家庭教師などの職を転々としていたようだ。96年~99年ごろは、大阪府内の公立中学校で夜間に校内を見回る宿直員として働き、宿直室で寝泊まりしていた。

 同じ時期に勤務した男性教諭は「岩波書店の難しそうな本を黙々と読んでいた。無口だが愛想がよく、先生や生徒とあいさつを交わしていた」と話す。休日の電話番を引き受け、部活動の早朝練習に来る生徒のために、早起きして校門を開けていたという。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
14:19  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1122-b2beef2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。