CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.31 (Thu)

「殺しかねない」と精神科医 長崎県、相談電話放置か 実家を家宅捜索

この記事によると、

この加害少女は精神科医のとこへ6月に行ってたんだね。

きっと、父親を金属バットで殴打したあと、
父親も危機感を感じて、まず精神科医を受診させたんだろうね。

精神科医よりも、先に警察への保護を求めるべきだったと思うが。
なんせ、父親にあれだけの重傷を負わせたのだから、、、、

精神科医を受診しても、このまま放置では何にもならない。

また、この精神科医が児童相談所に「人を殺しかねない」と連絡もしてた、ということだから、
この精神科医と児童相談所とでの何かの対策が取られるべきだったのに。

何もなされなかった。
ほんと悲しいよ。殺された少女あまりにかわいそうだ。


産経

「殺しかねない」と精神科医 長崎県、相談電話放置か 実家を家宅捜索

2014.7.31 20:28

 長崎県佐世保市で高校1年の同級生を殺害したとして女子生徒(16)が逮捕された事件で、発生前の6月、県の児童相談窓口に寄せられた情報に「女子生徒は人を殺しかねない」との内容が含まれていたことが31日、県関係者への取材で分かった。県は生徒名が伏せられていたとして具体的な対策を取らなかったが、医師は名乗っていた。県と、報告を受けた県議会は、相談を放置した可能性もあるとみて対応が適切だったかどうか、経緯を調べている。

 県関係者によると、女子生徒を診察した精神科医が6月10日、相談窓口がある佐世保こども・女性・障害者支援センターに電話で連絡。精神状態の不安定さを懸念し「小学生の時に薬物混入事件を起こし、中学生になって父を殴打した。小動物の解剖をしている。このまま行けば人を殺しかねない」と相談。対策を求めたが、女子生徒の氏名は明かさなかった。

 県警は31日夜、殺人容疑で女子生徒の実家の家宅捜索を始めた。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
21:09  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1129-4dfd8b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。