CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.05 (Tue)

寂聴さんが病状報告「9月頃からは普通の生活ができそう」

背骨を圧迫骨折していたのですね。

高齢になると骨はもろくなりますし~~
今、92歳だそうです。
90歳かと思ってたら~~~

年なんて、あっという間に過ぎていきますね。

こんなご高齢になるまでも、仕事を次々こなしてこられて、寝る時間を削って書き続けてきたと言います。

寂聴さんて凄いですね。

やはり、年だからと甘えて何もしなかったり、だらしなく甘えて過ごしているおばあさまたちも多くいますが (笑)、寂聴さんのように目的をもって日々鍛錬していくことが、頭もクリアに長生きに通じるのかも~~ですね。



女性自身:

2014年08月05日 00:00
寂聴さん
5月末に背骨を圧迫骨折し、現在は京都寂庵でリハビリ生活を送っている瀬戸内寂聴さん(92)が、『女性自身』にメッセージを送ってくれた。

おかげさまで徐々に回復にむかい、9月頃からは普通の生活ができそうです。

 私はこれまで体の悲鳴を無視して京都、天台寺、鳴門を軸に全国を飛び回り、法話、公演をし、それと平行して、夜昼の境もなく、眠る時間を縮めて、書きに書き続けてきました。

人さまから超人的と言われても、私は当たり前だと思い、そのどれも手を抜かずにつとめました。ついに体が悲鳴をあげ、怒ったのだと思います。

4年前の同じ病気(背骨の圧迫骨折)の時は、はじめに病名がわからず失敗して、半年もベッド生活を強いられましたが、今度は早く気づき、自分ですぐに入院しましたので、ドクターにほめられました。

(退院後の)初仕事として堀江貴文さんとの対談をまとめた『死ぬってどういうことですか?』(KADOKAWA。9月中旬発売予定)の前書き原稿が求められました。

久々で書きはじめましたが、机に向かう姿勢が続かず、とても苦しかったです。

とにかく5枚(400字詰原稿用紙)送りましたが、読み返してみて、ゾッとしました。自分の文章と思えない下手くそなものです。

あわてて、電話で書き直しを申込みました。痛さをこらえて必死に書き上げたら、11枚になっていました。

編集部からとてもほめてもらいましたが、私はそのあと3日間、また寝込んでしまいました。まだ、本調子ではありません。

でも、9月からはまともな生活をする予定です。

関連記事
スポンサーサイト
07:55  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1135-4d943402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。