CFD投資のメリット

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.10 (Sun)

笹井氏の遺書の矛盾ー小保方氏への遺書

「STAP細胞を必ず再現してください」と笹井氏は、遺書に記した報道があるが、笹井氏は、最後の記者会見では、
「STAP細胞」を「STAP現象」と言い換えている。

本人が書いた遺書ならば、「細胞」ではなく「現象」とするのではないか?

それから、「STAP細胞を必ず再現してください」ではなく、「生きて一緒に証明したかった」はずであり、「STAP細胞」の存在を、自分自身の目で確かめたかったに違いないのだ。

「STAP細胞」の存在に絶望感を抱いてというのなら、自殺もあり得るのだが、「現象」と言い換えても「STAP細胞」の存在を信じていたのだから、「STAP細胞」の再現を、生きて証明したかった。「生きて」だ。

ということは、「STAP細胞を必ず再現してください」と表現した遺書には「矛盾」を感じるのだが、、、。

また、

発表された文面は、非常に稚拙な感じが受け、笹井氏のような天才的頭脳のある人間は、死に臨んだとしても、絶対あのような、軽い言い方はしない。

こんな軽い文章書きますか。
英文でネイチャーに論文を書く人間が、どうしてこんな軽い日本語を書くのか、書くはずがない。

「もう限界を超え、精神が疲れはてました」 というような言葉は、絶対吐かない。人間が自殺するとき、疲れ果てたなんて言葉は、私でも吐かないと思う。

「こんな事態になってしまい、本当に残念です」などという言葉も、「本当に残念です」、なんていう軽い言葉は使わない。

痛恨の極み 、 じくじたる思い、 慚愧に堪えないなど、幾らでもある。

残念です、なんて、笹井氏クラスの人間が、最後に遺す遺書に使いますか。

また、
「自分をそのことで責めないでください」

なんて言葉も書かない。あなたには責はありません、とか~~~の違った表現になるはずで、
「~のせい」とかいう口語体の表現も絶対使いません。

最後のこれ、何ですか。

「それが済んだら新しい人生を一歩ずつ歩みなおしてください。きっと きっと  笹井芳樹」

きっと きっと なんて2ちゃんでもあるまいに、子供でもあるまいに、~~~

こんな遺書は、頭の悪い暗殺策定者が書いたもので、
死んで尚、笹井氏は貶され2重にはめられた。

神戸新聞だが、発表された文面をここに再掲する。

 「もう限界を超え、精神が疲れはてました」

「もう心身とも疲れ、一線を越えてしまいました」と吐露し

「一人闘っている小保方さんを置いて」

「こんな事態になってしまい、本当に残念です」などという趣旨のわびる表現が目立った。

「私が先立つのは、私の弱さと甘さのせいです。あなたのせいではありません」

「自分をそのことで責めないでください」と繰り返すなど、かばう言葉が続いていた。

「絶対、STAPを再現してください」と進行中の検証実験への期待に触れ、

最後は「それが済んだら新しい人生を一歩ずつ歩みなおしてください。きっと きっと  笹井芳樹」と結んだ




関連記事
スポンサーサイト
11:09  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1151-a0fbb431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。