CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.15 (Fri)

「飛び降りて」…40代教諭は「佐世保小6殺害」の担任だった

この教諭の言葉の背景というのは、

授業参観の時間前に、
授業の直前の休みの間に緊張をほぐすため、ゲームをしていて、

教諭が<先生に勝てますか>と問うと、
男子児童のひとりが<勝てます>と答えたため、

教諭は<勝てなかったら、窓から飛び降りてもらおうか。冗談だけど>
などと言ったそうです。

冗談だけど、と付け加えてもダメなんですね。
特に教育の場では。

こういう言動に気を付けられるようでないと、プロとは言えないのかも。

で、この教諭、2004年に佐世保市で起きた「小6女児同級生殺害」の時の担任だったそうだ。

このことを父兄も知ってたわけで、単に冗談も冗談でなく、話がおおごとにされてしまった、ということもあったようだ。

下記記事を読めば、この教諭は、2004年の事件以来、トラウマやストレスで病院通いもあったようだ。

ということは、

これは引き寄せの法則ですね!

いつもいつも、こういうマイナスのことで悩まされつづけていては、また、自分に何か大きなことがくるのではないかといつも恐れていた。これが、何気ない言葉を、こんなにも大きくしてしまった。

潜在意識の力は巨大ですよ。

あの野々村元県議の場合も、自分では全くあのようなことになるはずもなく、逆にマスコミに、度を越えた質問などはしないようにと制止までしてたのに

自分が爆発してしまった。

これは、常日頃から、心の中で、見つからなければいいけれど見つかったらどうしよう、という恐怖をいつも抱えていた。その心の奥底に沈んでいたものが、あのような場で噴出してしまった。

心の奥底に抱えている悩み、思いは限界点に達した時を狙って、潜在意識というのは、必ず表に出てきます。

なので、今、今、私、あなたが考えてることが重要になってきますね。

よいことを考えましょう。恐怖に満ちた考えは今すぐ捨てましょう。



日刊ゲンダイ:

「飛び降りて」…40代教諭は「佐世保小6殺害」の担任だった

 佐世保高1同級生殺害事件のあった長崎県。「命の教育」の見直しが指摘されるなか、雲仙市の教諭の“暴言”で騒ぎになっている。
 問題が起きたのは今年6月下旬。40代の男性教諭が、授業参観の道徳の授業前に3階の教室で男子児童らとゲームをしていたときのことだ。

「授業の直前の休みの間に緊張をほぐすため、ゲームをしていたそうです。すでに保護者10人くらいが教室に集まっていました。教諭が<先生に勝てますか>と問うと、男子児童のひとりが<勝てます>と答えたため、教諭は<勝てなかったら、窓から飛び降りてもらおうか。冗談だけど>などと言ったそうです。

その場に居合わせた男子児童の保護者が、<不適切じゃないか>と注意し、教諭はすぐに謝罪して、後で校長らに<大変なことをした。なんでこんな発言をしたのか分からない>と泣いて反省の弁を述べたと聞いています」(市教育委員会担当者)

■文書訓告処分

 本人は軽い気持ちだったのだろうが、佐世保高1同級生殺害事件の影響なのか7月31日に結局、文書訓告の処分を受けている。

 問題を大きくしたのは、この男性教諭が2004年に佐世保市で起きた「小6女児同級生殺害」の時の担任を務めていたことだった。あの時の担任が「窓から飛び降りてもらう」と言ったことで、騒ぎに拍車がかかった。一体どんな人物なのか。

 前出の市教育委員会担当者が言う。
「普通の人。これまでに暴言など、問題行動の報告を受けていません。ただ、当時の事件のトラウマを今も抱えている。心身にストレスがあり、定期的に病院に通われているようです」

 気の毒な境遇でもある。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
07:37  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1167-700b595e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。