CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.28 (Thu)

(動画あり)9歳少女がサブマシンガン誤射、射撃場の教官死亡 米国

アメリカという国は、銃によるどんな悲劇、事件が起きても、積極的な銃規制がなされない。

これは幾ら嘆いても、そういう国なのだから仕方ないのかも。

今回も、射撃訓練を受けていた9歳の少女の誤射で、教えていた教官が死亡した。

子供に教えているので、ホントに丁寧に分かりやすく説明していた。
こういう教官が誤射で亡くなるなんて、、、、

9歳で何故、拳銃の訓練が必要なのだ!!

国の方針が変わらない限り、こういう悲劇は幾らでも繰り返されるだろう。



AFP=時事 8月28日(木)7時10分配信 :

9歳少女がサブマシンガン誤射、射撃場の教官死亡 米国

【AFP=時事】米西部アリゾナ(Arizona)州の射撃練習所で25日、ウージー(Uzi)サブマシンガン(短機関銃)の射撃訓練を受けていた9歳の少女が、誤ってインストラクターを撃ち死亡させる事故が起きていたことが分かった。

 地元保安官事務所によると、少女は両親に連れられ、娯楽施設「ラスト・ストップ(Last Stop)」内にある射撃練習所「ブレッツ・アンド・バーガーズ(Bullets and Burgers)」を訪れていた。

 少女は「単発」モードでは問題なく銃の操作ができたが、教官のチャールズ・バッカ(Charles Vacca)さん(39)が銃をフルオートマチック設定に切り替えたところ、銃撃の反動で銃が上向きになり、発射した1発がバッカさんの頭に当たった。バッカさんはこの直後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 当局はその後、少女の両親が撮影した事故当時の映像から、教官の頭に銃弾が命中する瞬間を切り取った映像を公開した。映像には、少女の左側に立つ教官が、銃の撃ち方を指導している様子が写されている。最後の瞬間には、連射される機関銃の音と、銃口が反動で持ち上がり教官の方へと向けられる様子が収められている。

 射撃練習所のマネジャーが米NBCニュース(NBC News)に語ったところによると、ラスト・ストップでは射撃訓練を8歳から始めることができる。1人当たりの銃の数が世界最高である米国では、7歳から訓練が始められる射撃練習所もある。【翻訳編集】 AFPBB News





応援お願いします

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
08:55  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1199-7f6f93ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。