CFD投資のメリット

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.01 (Mon)

「デング熱」拡大必死、代々木公園に近い繁華街(渋谷・原宿・新宿)は要注意

デング熱で、
東京の代々木公園を訪れた、少なくとも10人以上に、感染の疑いがあることがわかった。

ということで、
ドンドン更に広がるのではないでしょうか。

10年前から警鐘を鳴らしていた藤田紘一郎氏は、

代々木公園に近い繁華街は要注意 と呼びかけている。



日刊ゲンダイ:

拡大必至の「デング熱」 代々木公園に近い繁華街は要注意

「10年前からデング熱の国内感染を恐れ、警鐘を鳴らしてきました」

 こう言うのは、熱帯医学に詳しい人間総合科学大教授の藤田紘一郎氏。

70年ぶりに確認されたデング熱の国内感染者が10代女性に続き、20代の男女にも広がったことを受けての発言だ。

 3人は都内の学校に通う同級生。秋の学園祭に向け、ダンス練習をしていた代々木公園で感染したとみられる。東京都はデング熱を媒介するヒトスジシマカを駆除するため、公園に殺虫剤を散布。“撲滅作戦”を実施したが、危ないのは公園だけではない。

デング熱は、ヒトスジシマカが感染者の血液を吸って別の人を刺し、ウイルスを注入して2次感染を起こします

人から人には感染しません。私が研究で何度も訪れたインドネシアやタイ、フィリピン、インドなどは患者数が特に多い。そういうエリアで感染が広がるのは、決まって人が行き交う都市部の繁華街。代々木公園に近い渋谷や原宿、新宿は要注意です」(藤田氏)

 厚労省や東京都は「デング熱が感染を広げる可能性は低い」と“火消し”に躍起だが、ヒトスジシマカは日本に広く分布する。蚊に刺される人をゼロにはできないだけに、ちょっと信じがたい。

「米国では99年、アフリカをルーツとする西ナイル熱の感染者が初めて確認されました。これも蚊が媒介する病気で、その後も感染者が増えています。このケースからも分かるように、蚊が媒介する病気のブロックは困難です。デング熱が今後、東京の繁華街を中心に感染拡大するのは間違いない」(藤田氏)

■日本人全体の免疫力が低下

 発症すると、発熱や目の痛み、関節痛などを起こす。まれに命が奪われるが、感染しても発症せずに済むことも少なくない。今回の3人は10~20代と若く、ダンス練習に打ち込む元気があった。ウイルスから身を守る免疫力が強いはずだが、3人とも発症しただけに要注意。感染拡大が危ぶまれているのだ。

「免疫力を左右する腸内細菌の数は、戦前に比べて3分の1に激減。日本人全体の免疫力が低下しています。免疫力は加齢によっても下がる。特効薬もワクチンもないデング熱の予防には、免疫力を高める努力が欠かせません。そのための工夫のひとつが食事で、腸内細菌を増やす食物繊維や発酵食品を積極的に取る。もうひとつは寝不足を避け、疲労をためないこと。ある免疫細胞は、寝不足によって働きが5分の1に低下します」(藤田氏)

  がんや糖尿病などの病気で、免疫力が低下している人はなおさらだ。


デング熱 感染元の代々木公園で、2000人規模の防災訓練が行われた


応援お願いします

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
09:36  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1211-7fded9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。