CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.02 (Tue)

デング熱、大丈夫なの?Q&A

デング熱、感染が35人になったようです。
いずれも代々木公園もしくは周辺へ行っていたようです。

デング熱、治療薬もワクチンもないそうで、

かかったら、ウィルスが消えるのを待つしかないそうだ。

日頃から免疫力を高めて、重症化しないようにしないといけないね。



デング熱、大丈夫なの? =70年ぶり国内で感染確認―ニュースを探るQ&A

時事通信 9月2日(火)17時22分配信

 発熱などの症状があり、重症化することもあるデング熱の国内感染が約70年ぶりに確認され、感染が広がっている。東京・代々木公園でウイルスを持った蚊が増殖したとみられ、厚生労働省が注意を呼び掛けている。

 ―デング熱ってどんな病気なの。
 蚊がウイルスを媒介する感染症で、2~15日の潜伏期の後、発熱や頭痛、筋肉痛、発疹などの症状が出る。大半は1週間程度で回復するが、まれに重症化し、死亡する場合もある。

 ―どうやって感染するの。  
感染者を刺した蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他の人を刺すことで感染する。人から人に直接感染することはない。媒介するヒトスジシマカは青森から沖縄まで広く分布しているよ。

 ―治療法は。  
治療薬はなく、予防するワクチンもない。発症したら、点滴などの対症療法でウイルスが消えるのを待つしかないんだ。

 ―珍しい病気なのかな。  
アジアや中南米、アフリカなどの熱帯・亜熱帯地域では広く流行し、年5000万~1億人が発症している。日本では海外で感染し、帰国後に発症する例は年約200件報告されているが、国内での感染は1945年以降は確認されていなかったんだ。

 ―今回はどうして確認されたの。
 帰国後に発症した患者や、旅行中に発症した外国人が代々木公園で蚊に刺され、その蚊が他の人を刺して広がったと推測されているよ。

 ―他の場所でも感染するの。
 蚊の行動範囲は半径50メートル程度と言われており、そんなに心配はない。ただ帰宅した感染者が別の蚊に刺され、他の場所で広がる可能性も否定はできないね。

 ―感染を防ぐにはどうしたらいいの。
 代々木公園に行く必要がある場合には、蚊に刺されないよう長そで、長ズボンを着用し、虫よけスプレーなどを持参した方がいい。他の場所でも注意した方がいいけど、蚊は10月下旬には活動しなくなるので、神経質にならなくていいよ。 

デング熱が、エボラ級に重症化する条件、致死率50%も


応援お願いします

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
18:27  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1219-f5589bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。