CFD投資のメリット

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.25 (Thu)

中2の娘殺害容疑で母逮捕 生活保護相談に行ったが申請せず 千葉

またまた、貧困での悲劇が起きた。

母親が中2の娘を首を絞めて殺した。

県営住宅で、家賃の2年もの滞納で、市の職員が訪ねたところ、布団で亡くなっていた、ということだ。

このままでは、生活が苦しくて生きていけない、と。

で、娘を殺して、自分も死のうと思った、と言っている。

生活保護の相談にも出かけており、説明を聞いて、申請せずに帰って行った、という。

先頃、生保の申請は、トンでもなく厳しくなったようで、

この母親、説明の段階で、貰えないかも、という条項があったのではないか。

例えば、親類、兄弟などに、調査がいっては嫌だとか。そんな不名誉なこと、死んでも嫌だ、とか。

親戚の4親等にまで調査が及ぶという。

国は生活保護法を、人気タレントの親が貰ってたということで、大きな社会問題になり、それ以降か、生活保護法が改正され、相当厳しくなった。

金額も減らされ、生活ができないと、国相手に訴えてる人たちも多くいる。

罰則も厳しく多くなったと聞く。

確かに、生活できるのに貰ってる人たちがいる、ということで、これは大きな問題だ、が、

ホントに苦しくて死ぬ寸前の人たちを、今回の事件のように、救えないのは、生活保護法のどこかに問題がある、ということだ。

対応した職員が厳しい言い方をしたからなのか?
申請は出来ない、と思い込んだのか、

また、家賃の滞納が2年位も続いていたのであれば、事情を聞くために、滞納から数か月なりで、市が訪れで、状況を聞くべきだった。

そこで対応をしていたら、こんなことにはならなかったのではないか。

今の世の中、お金持ちは更にお金持ちに、
貧しい人は、更に貧しく、

という図式ができており、

若い人も、年よりも、貧困層が拡大している。

今の安倍さんの政治は、お金持ちだけを保護する仕組みだ。
貧乏人は切り捨て!!!!!

ま、世の中には逆らえないのだから、
何とか、対策を講じながら生きていくしかないわけで、、、、。

このような悲劇の起こらない社会を求める。




産経:

中2の娘殺害容疑で母逮捕 生活保護を相談

2014.9.24 20:30

 千葉県銚子市豊里台の県営住宅で24日、住人の市立中2年、松谷可純さん(13)が布団の上で倒れて死亡していた事件で、銚子署は殺人容疑で同居の母親、美花容疑者(43)を逮捕した。逮捕容疑は24日午前9時ごろ、自宅で可純さんの首を鉢巻きで絞めて殺害した疑い。

 銚子署によると、美花容疑者は可純さんと2人暮らし。平成24年7月以降、家賃を滞納しており「このままでは生きていけず、一緒に死のうと思った」と容疑を認めている。経済的に困窮して無理心中を図ろうとしたとみて調べている。

 銚子市などによると、美花容疑者は昨年4月、市の生活保護の相談窓口で制度の説明を受けたが、申請はせずに帰っていたという。

 可純さんが通う中学によると、可純さんはバレーボール部のレギュラー選手で、23日の練習試合にも参加していたが、変わった様子はなかったという。


応援お願いします


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
07:20  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1282-9059f9b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。