CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.02 (Thu)

米のエボラ患者、子どもらと接触 病院のミスで帰宅許可か

米国に入国後エボラ出血熱への感染が確認されたのはリベリア人だった。

このリベリア人の家族がダラスに住んでおり

病院のミスで、一旦帰宅させてしまったそうで。

で、この男性は、子供たちに接触していた。

この子供たちの通う中学校でも、もしかして、この生徒が感染していればの話だが、他の生徒への何らかの接触があった場合、心配である。

このようにして、ドンドン感染は拡大していくことになるが、、、。。




米のエボラ患者、子どもらと接触 病院のミスで帰宅許可か

AFP=時事 10月2日(木)7時16分配信

米のエボラ患者、子どもらと接触 病院のミスで帰宅許可か

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141002-00000000-jij_afp-int
米テキサス州ダラスのサム・タスビー中学校から下校する生徒ら。地元当局は、この学校の生徒1人がエボラ熱患者と接触したことを確認した(2014年10月1日撮影)。

【AFP=時事】米テキサス(Texas)州の保健当局は1日、米国に入国後エボラ出血熱への感染が確認されたリベリア人男性と接触した子どもらの確認作業をダラス(Dallas)市周辺で行った。

米でエボラ患者、アフリカ以外で初の診断例 入国後に発症

 病院関係者らは、男性が9月25日に初めて病院で受診した際、アフリカへの渡航歴があることを病院側に伝えていたが、スタッフ間の連絡ミスが原因で帰宅を許された可能性を認めている。男性はその結果、エボラ熱を発症した状態で人々に接触した恐れがあるという。

 男性は9月20日、エボラ熱が拡大を続ける西アフリカ・リベリアから家族の住むテキサスへと渡り、24日に発症していた。男性は25日に病院から帰宅した後、28日に救急車でダラス市内の病院に搬送されるまでに、子どもたちと接触していた。

 テキサス州のリック・ペリー(Rick Perry)知事は、「これらの子どもたちは特定され、現在観察下にある。この病気は発症前に他者に感染することはない」と述べている。エボラ熱の潜伏期間は2~21日間とされている。

 リベリアの首都モンロビア(Monrovia)の米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)関係者は、男性がリベリア人であることを認めたが、名前は公表していない。病院関係者によると、男性の容体は今のところ深刻ながらも安定しているという。【翻訳編集】 AFPBB News


応援お願いします


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
08:24  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1296-5d41bc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。