CFD投資のメリット

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.03 (Fri)

栩内被告、無罪主張は「真実貫きたいから」 

どんなことがあっても、やってもいないことをやったとは言えない。

栩内の言い分は、ただそれだけだと思う。

それを証明していくのは、これほどまでに困難なことである。

にも関わらず、屈しない、

この精神こそ学ばなければならないことだと思うが。

あの高名な優秀な頭脳の植草一秀さんでさえ、
認めれば、直ぐに解放してやる、と言われ、
やった、と認めてしまった。

ま、植草さんの場合は、有名人であるし、
このような問題に巻き込まれて世間に晒すわけにはいかなかったのだろうけど、、

袴田巌さんもしかり。

このように、大概の人間は屈し、折れてしまう。
ところが、栩内は、それこそ鉄のような精神をもっている。

どんなことにも屈しない。
これぞ、鏡ではないか、、、、、色々な意味で、、、。


日刊スポーツ :

栩内被告、無罪主張は「真実貫きたいから」

 覚せい剤取締法違反などの罪に問われ、有罪が確定した歌手ASKA(56)の知人で、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた栩内(とちない)香澄美被告(37)の第3回公判が2日、東京地裁で行われた。

 検察側証人尋問では、栩内被告の尿鑑定を担当した科学捜査研究所の薬物研究員が出廷した。弁護側は、栩内被告の尿にASKAの精液が混入した可能性を主張しており、尿鑑定の信用性が問われた。

 研究員は「(ASKAの)精液に覚せい剤が排出されたとしても、非常に微量。覚せい剤が検出されるほどの絶対量はない。(ASKAの精液が栩内被告の尿に混入し、検出されることは)ないと思います」と弁護側の主張を否定した。

 大半は検察側の証人尋問に割かれたが、休憩をはさみ、弁護側被告人質問が実施された。

 栩内被告はこの日も一貫して無罪を主張した。「この5カ月毎日心が折れそうになった」と言い、無罪を主張し続ける理由を「真実を貫きたいからです」と話した。

 ASKAとの交際についても赤裸々に語った。避妊具については「使用していません」。膣内に射精されたか聞かれると「はい」とうなずいた。また(避妊薬の)ピルを毎日出勤時の午前7時に服用していたことも明かした。

 次回公判は21日午後1時半から行われる。


応援お願いします


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
07:54  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1297-f85271c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。