CFD投資のメリット

04月≪ 2018年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.06 (Mon)

佐世保・同級生殺害の女子高生の父親『自殺』私は生きていていいのか、と言っていた!

この事件は、少女の事件そのものもインパクトが凄い事件であった。

更に、この少女の家庭環境なども驚きの連続であったし、

更に、この少女の父親が自殺、という、
あまりの衝撃に、私は、シェイクスピアの世界か、
ドラマの結末が、ド~ンときて、、、、、、、

しばし、動きが止まった。

父親は、「私は生きていていいんでしょうか」
と言っていたそうだ。

地位も名誉もお金も、
世の中の全てを手にしたこの父親、

しかし、殺人鬼の娘を持ってしまった悲劇。
というか、殺人鬼に育てたのか、遺伝子なのか、、、

教育が間違ったのか、~~~

兎に角、この娘のために、これから生きようとしていた命が奪われた?!

原因は、やはり、この父親の行動にもあった、というのは否めない。

母親が亡くなり、半年もせずに、悲しみも癒えてない時に、
若い女性を連れてきて、結婚した。

きっと母親が病気で苦しんでるときに、
若い女性とウキウキしていたわけでしょうし、
そして女性は妊娠もしていた。

やはり、こういう軽率な行動が事件の背景にないとは言い切れない。

苦しかったことは確かでしょう。
生きてても、この苦しさから逃れられることはないでしょうし、、、
つい、安易な道?を誰でも考えると思うけれど、、

それでも、生きて全てを見届け、生きることが課せられた責任なのだと思うが、、、。

加害者家族の自殺といえば、

秋葉原通り魔事件の加害者加藤智大の弟が、今年だったか自殺した。
自殺の直前、週刊誌のインタービューに答えていた。

「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら教えてください」。

被害者家族は勿論、加害者家族の悲劇も、悲しいものですね。



J-CASTテレビウォッチ :


佐世保・同級生殺害の女子高生父親『自殺』私は生きていていいんでしょうか


今年7月(2014年)、長崎・佐世保市の女子高生(16)が同級生(当時15)を殺害した事件で、殺人容疑で逮捕された女子生徒の父親(53)がきのう5日(2014年10月)午後、自宅で首を吊って死亡しているのを訪ねてきた知人が見つけた。遺書などはないが、警察は自殺とみている。

女子生徒は1人暮らしをしていたマンションに同級生を呼んで殺害し、遺体を切断した。女生徒は警察の調べに「人を殺してみたかった」と話し、世間を驚かした事件だった。

実母の死去後、さほど日を置かずに父親が再婚するなど、家庭内の事情が女生徒の精神状態に何らかの影響を与えたともみられている。事件の前には、寝ていた父親を金属バットで殴り重傷を負わせている。マンションで1人暮らしになったのもそのためだった。

被害者側と補償などの話し合い

司会の小倉智昭「父親は自分が責任を持ってと言っていたんですよね」

父親は事件のあと公表した謝罪文で、「生きる自信さえ喪失しかけておりますが、私の命をもってお詫びしても償うことはできないものと捉え、(中略)謝罪・補償等、私の力の及ぶ限り誠意ある対応をしていく所存です」と語っていた。

弁護士には「私は生きていていいんでしょうか」などとも話し、「生きていてもらわないと困る」とたしなめられていたといい、補償などを話し合っていた。

山中章子アナ「やはり心労なんでしょうか」

父親は何も書き残していないといい、このあたりをうかがい知ることはだれにもできないのか。女生徒の動機はいまも不明で、現在は医療施設で観察下にある。



応援お願いします


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
16:49  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1306-deab4d71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。