CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.09 (Thu)

1年かけて小保方さんの「博士号」をはく奪する早大の“狡猾”

早稲田大学は、小保方さんの博士論文を取り消す、と7日発表したが、条件付きだった。

この条件をクリアすれば、博士論文は剥奪されない、と思っていたのだが、

現実には、不可能のようなのだ。

小保方さんの人生も、運命に翻弄されたのか、したのか、
どん底人生を歩んでいる。

STAP細胞に関しては、小保方さんに悪意は微塵もなかったはず。

でも、ここまで叩かれて、博士論文剥奪まできた。

信頼し、唯一見方だった笹井氏は亡くなり
悲しみに打ちひしがれ、小保方さんの人生って何なんだろう、
と、きっと本人も思ってることだろう。

訳の分からい運命の波に乗り、どこまでも流されて、
それでも生きていかなければならない、

これが人生ってものかも。


http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/153959
1年かけて小保方さんの「博士号」をはく奪する早大の“狡猾”

2014年10月8日

小保方さんは再現実験の真っ最中/(C)日刊ゲンダイ

“ノーベル賞候補”から一転、理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダーに厳しい処分が下った。

 コピペ疑惑が発覚した「博士論文」について、早大は7日、博士号を取り消すと発表した。ただし1年以内にコピペ論文を訂正、論文指導や研究倫理教育を受け、その結果“適切”と判断されれば取り消されない猶予付き判定だった。

 論文を巡っては、今年7月、早大の調査委員会(委員長・小林英明弁護士)が、「序章部分のコピペや実験画像の間違いなどはあったが、この論文は草稿だった」としてシロ判定していた。

■母校にも見捨てられ…

 今回の決定について、早大は小保方氏が「不正の方法により学位の授与を受けた」と判断した一方、「指導や論文の審査過程に重大な不備や欠陥があった」とし、チャンスを与えたという。さすがに記者からは1年の猶予を与えることに「ほかの事例との不公平感はないか」などと質問が飛んだが、
実際は、博士論文が認められる可能性は、ほぼゼロだという


1年の猶予は7日スタート。だが、指導教員、副指導教員を決めるのもこれからで、研究倫理教育等のカリキュラムも明示されていない。なにより、小保方氏は、いま「STAP細胞」の再現実験の真っ最中。とても、早大のカリキュラムを受けている余裕はない。


小保方さんは、STAP細胞再現実験を抱え、博士論文に戻ることはムリです。

早大だって“不可能”だと分かっているはず。小保方さんにチャンスを与えるようにみせて、早大が悪者にもならず、穏便に博士号を取り上げる措置でしょう
」(科学ジャーナリスト)

 騒動の最中にはあふれかえった記者席も、7日の会見はガラガラだった。もはやメディアも小保方氏のことをマトモに相手にしていないということだろう。母校にも見捨てられ、厳しい現実だ。


応援お願いします


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
06:17  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1310-c643d65d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。