CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.11 (Sat)

佐世保同級生殺害 加害者の30代継母「私があの娘を支えなきゃ」

佐世保同級生殺害事件の若い30代の継母、
精神的に強い女性ですね。

加害者の父親が首吊り自殺をしたが、
それだけでもショックで立ち直れないだろうに、普通はね。

なのに、加害者少女を自分が支えなきゃ、
なんて、ホント強いわね。

彼女、身ごもってたはずだけど、
その子の父親は亡くなり、で、もうズタズタでしょ。

なのに、弱音は聞こえてきませんね。この記事からは。

ただ、この若い継母は、巨額遺産を手にした。

僅か結婚5か月で・・・・・。

お金の問題じゃないでしょうけど、

嫁いで僅か5か月で、
背負ったこの重荷から逃げようとしないのは、

何の為せるわざなんでしょう。



http://www.news-postseven.com/archives/20141010_281103.html
佐世保同級生殺害 加害者の継母「私があの娘を支えなきゃ」

2014.10.10 11:00

 10月5日午後4時過ぎ、長崎県佐世保市の豪邸で、同級生殺害事件の加害者の父親が首吊り自殺をしているのを、知人が発見した。そこは、7月27日、同級生を殺害し、首と左手首を切断したとして逮捕されたA子(16才)の生家。自殺したのはA子の父親(享年53)だった。

 地元でも最大規模の法律事務所を構え、有名企業の顧問弁護士として活躍し、かつては全国高額納税者名簿にも名を連ねていたという父親。A子は県内でも有数の進学校で東大を目指す優等生。兄は東京の有名私立大に学び、父と同じ弁護士を目指していた。

 しかし昨年10月、最愛の妻を病気で亡くしてから、彼の人生は大きく動き出した。「必ずすぐ再婚して」という遺言もあり、3月に婚活パーティーで知り合った30代女性のB美さんと5月にスピード再婚。その一方で、2月にA子を自分の戸籍から抜き、A子の祖母と養子縁組させた。また4月からは、A子に実家近くのマンションでひとり暮らしをスタートさせた。

 A子は凶行に至るまでに、父親の寝込みを金属バットで襲い、猫を解剖し、「人を殺して解体してみたい」と医師やB美さんらに明かしていたことがわかっている。B美さんを幼い時から知っており、娘のように思っているという人物が言う。

「死者に鞭を打つようだけど…最後まで無責任な男だったよ。B美は初婚だったし、いきなり2人の子供の母親になるなんて、彼女の両親は彼との結婚に猛反対していたんだけど、B美が選んだ人ならって、最後は押し切られた形だった。それがあの事件が起きて…。B美は“彼をずっと支える”って、言ってたけど、彼はあの事件を受け止めることができなかったんですよね。

 仕事の見込みが立たず、あちこちから非難の声がどんどん聞こえてきて、これからの生活をどうしていったらいいかわからなくなっていた。でも自殺なんかするかなぁ…。被害者遺族から民事で提訴されたって聞いたけど、これから裁判が始まろうとしているときにね…」

 そんなB美さんだが、加害者A子のことを思う日々を過ごしているという。

「B美は今相当追い込まれた状況だと思います。自分が家を空けた時に彼は自殺したから、“私さえいれば…”って。でもね、彼女は今も、実家に帰ってこようとしないんだよ。“私があの娘を支えなきゃ”って…」(前出・B美さんの知人)

 わずか結婚5か月で、B美さんが手にしたもののひとつが「巨額遺産」。冒頭の豪邸は、地元不動産によれば、土地・建物合わせて推定3億円にのぼるという。

「ある意味、事件の舞台となった家なので、売り出したとしても最低半額からのスタート。あとは買い手しだいです。ただ父親は地元でも有名な資産家で、弁護士としてもかなり稼いだだけでなく、株でも大もうけしたという話。遺書がなかったということなので、通常遺された妻には遺産の半分が相続されます。でもA子の事件に関しては、民事裁判で親の責任が問われ、賠償責任が認められるでしょう。その金額は1億円以上になるケースもありますね」(父親を知る弁護士)

 B美さんとしては、そういったことも含めて、遺されたA子をサポートしたいと思っているという。

「A子は今、県外の医療施設に身柄を送られ、犯行時の精神状態や刑事責任能力を調べられています。その結果で、地検が家庭裁判所に送致し、少年審判か、検察へ逆送致するか判断することになります」(地元紙記者)

 鑑定留置期限は11月10日。もうあと1か月もすれば、父親は娘と再び向き合うことができたはずだった…。

※女性セブン2014年10月23・30日号



応援お願いします


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
16:08  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1315-69d53d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。