CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.17 (Fri)

オバマ大統領、エボラ患者を看護した看護師に接吻 運命は如何に?

エボラ患者を看護した医療従事者は、現在76名監視状態にあり、

この内から2人が感染した。

コンピュータで、今月中に25名の感染者がでる、と試算した。

こういう中で、76名の内の誰かにオバマは抱擁、接吻までした、
ということは、極めて危険だと思われる、、、、が。

このエボラは人知を超えている、ということを理解してないかも。

感染するもしないも、神のみぞ知る。


http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_16/278771633/
オバマ大統領、エボラ患者を看護した看護師に接吻

米国のオバマ大統領がエボラ出血熱蔓延を心配する市民をなだめにかかった。大統領は国内で蔓延が起こる可能性は極めて低いと述べ、エボラ患者を看護した看護師と個人的かつ親身な接触をもった、と語った。



「病人の看護に関する英雄的な労働を讃えて、

私は看護師たちの手を握り、

抱擁し、

キスを交わした。

彼らは安全基準を厳しく守っていた。

彼らは自分の仕事をよく理解していた。

だから私は身の危険など何ら感じなかった」


と大統領。


ワシントンポスト紙によれば、大統領は、最高指導部ではエボラ出血熱は極めて深刻な問題として受け止められている、と語った。

ただし、一般の米国人にとっては危険は極めて軽度である、とオバマ大統領は強調した。

大統領は、エボラ出血熱は普通のインフルエンザのように空気感染はしない、と語った。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_10_16/278771633/



応援お願いします


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
07:23  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1331-9ba65fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。