CFD投資のメリット

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.22 (Wed)

オリーブオイルの「エキストラバージン」は「偽物」ばかり スーパー陳列の8~9割が偽物

油というのは、とにかく料理に毎日使う。

なので、いい油でないと心配になる。

エキストラバージンオリーブオイルは高いが、体に一番良いからと、
私なども使っている。

けれど、これのほとんどが偽物だ、なんてのにはびっくり!!!

こんな偽物でも規制がない、なんてどういうことなんでしょう。



http://www.j-cast.com/2014/10/20218826.html?p=all
オリーブオイルの「エキストラバージン」は「偽物」ばかり スーパー陳列の8~9割は国際規格に合っていない 

2014/10/20 19:37

健康志向から需要が拡大しているオリーブオイル。なかでも、生の実から油分だけを搾り取った「バージンオリーブオイル」の最高品質、「エキストラバージンオリーブオイル」は大人気だ。

ところが、最近は世界規模でエキストラバージンオリーブオイルの偽装がまん延しているそうなのだ。

健康と美容、老化防止にも「効果もたらす」と人気

オリーブオイルは、美容や健康にも効果があるとされ、料理時の調理油としての用途のほか、調味料として肉料理やサラダにかけたり、パンにつけたり、さらには女性用の基礎化粧品や洗顔石鹸にも使われているという。

ひと口にオリーブオイルといっても、さまざまな「品質レベル」があって、なかでも最高品質のオリーブオイル、「エキストラバージンオリーブオイル」には高い抗酸化作用があり、動脈硬化や心筋梗塞の予防効果も期待されている。

オリーブオイルの成分は7~8割がオレイン酸で、エキストラバージンに限っては、さらにポリフェノール類やビタミンEなどが抗酸化作用をもっているので、老化防止や美容効果をもたらす、とされる。

そんなエキストラバージンオリーブオイルの判断基準は、欧州などの主要な生産国が加盟する国際オリーブ協会(IOC)によって定められていて、この基準に則って世界共通で品質分けができるようになっている。

「エキストラバージン」は、オリーブの実だけを原料に使用していること、機械的作業のみによってつくられていること(精製されていないこと)、酸度(遊離脂肪酸の割合)が100gあたり0.8gを超えないもの(酸化していないこと)、風味に悪臭などの欠陥がひとつもないこと――の4点を満たしたオリーブオイルで、化学検査とテイスティングによる官能試験を経て、酸敗臭や発酵臭などがまったくないものをいう。

偽装オリーブオイルの多くは、低級の植物油に植物エキスで香りや色づけしたり、瓶などに規格基準の違うラベルを貼ったり、架空の生産者の名前やそれらしいブランド名をつけたりといった手口で販売。とくに高値がつくエキストラバージンオリーブオイルでは、安物のオイルから不快な味とにおいを取り除き、わからないように精製加工する方法がまん延しているそうだ

「本物」のエキストラバージンオリーブオイルであれば、健康や美容での効果や老化防止の効果も期待できるが、偽物となるとそういった恩恵はほとんどない。

「おいしいのですが日持ちもしませんし数に限りがあります」

そんな「エキストラバージンオリーブオイル」だが、関係者によると「国内のスーパーなどに出回っている8~9割は『エキストラバージン』とは言えません」という。

オリーブオイルの研究や啓蒙・普及活動を行う、日本オリーブオイルソムリエ協会で年1回開催する品評会、「国際オリーブオイルコンテスト」(2014年は世界21カ国から400品目が応募)でも、全出品の約35%が「エキストラバージン」と表記されていても規格を満たしていなかった。

同協会は、「エキストラバージンは、いわばフレッシュジュースと同じ状態です。オレンジジュースで考えていただくとわかりやすいと思いますが、果汁100%といっても濃縮還元のジュースがあるように、工程によって異なります。エキストラバージンは生の搾りたてですから、おいしいのですが日持ちもしませんし数に限りがあります」と説明する。

そもそも、オリーブの収穫量によっても毎年の生産量が変わってくる。本来であれば、なかなかコンスタントに販売できる商品ではないが、それが世界中で人気となり売れている。どこかで品不足になっていてもおかしくないのに、だ。

同協会は「エキストラバージンの偽装は以前、米国でも問題視されました。いまや世界的なことです」と話している。

ちなみに、日本には国際的な品質規格である「エキストラバージン」規格の法規定そのものがないため、偽エキストラバージンオリーブオイルが出回っても、「品質偽装」には当たらないそうだ。


応援お願いします


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
06:04  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1335-3b1148f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。