CFD投資のメリット

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.10.27 (Mon)

エボラ熱感染のNY医師、症状悪化 「次の段階に」

アメリカで最初の患者の亡くなったダンカンの看護に当たった女性看護師は回復し完治した。

なのに、2人目の男性医師は悪化してきたとの発表。
年齢もまだ33歳。
免疫状態も問題ないと思うのに、
持病などはないと思われるけれど、こうして悪化してくる。

完治した女性看護師と、どこが何が違うというのでしょう。

致死率が50~90%と言われてるのだから、
何が!と言っても、分からないんでしょうね。

運命というか、宿命が人それぞれに決まってるのでしょうか、、、、。



http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20141026-00000012-ann-int
エボラ熱感染のNY医師、症状悪化 「次の段階に」

テレビ朝日系(ANN) 10月26日(日)11時51分配信

 西アフリカから帰国し、エボラ出血熱の感染が確認されたニューヨークの男性医師は、症状が悪化していることが分かりました。

 エボラ出血熱に感染して隔離されているクレイグ・スペンサー医師(33)が入院している病院は25日、症状が悪化し、次の段階に進んだと明かしました。

ただ、意識はあり、意思の疎通はできるということです。

スペンサー医師と同じ病院に隔離されていた婚約者の女性は、症状が出ていないため、25日中に退院する予定です。

ニューヨーク市は、エボラ出血熱の症状が初期段階ではインフルエンザの症状と区別しにくいこともあり、インフルエンザの予防接種を受けるよう市民に呼び掛けています。


応援お願いします


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
07:43  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/1347-8942865b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。