CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.12 (Sat)

作家の田中慎弥氏が週刊新潮で安倍晋三氏の実像語る【文春vs新潮 vol.72】

安倍晋三氏って、皆さんには、どのように映ってるんでしょうか。(笑)
あたしには、よく喋る!という印象があるが、
昔の、あ~、う~、の総理大臣もいたっけ(笑)

作家の田中慎弥氏が、この安倍晋三氏像を分析してる、というから面白い。
田中慎弥氏といえば、芥川賞受賞式での会見で、「もらっといてやる」と発言して話題になった。
その田中氏の安倍晋三氏像だ。

みなさんは、どんな印象をもつだろうか、、、。


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法


この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法


引用  

作家の田中慎弥氏が週刊新潮で安倍晋三氏の実像語る【文春vs新潮 vol.72】

[新潮]「再起した同郷の宰相へ 弱き者 汝の名は『安倍晋三』」

今週号の週刊新潮は、作家の田中慎弥氏によるこの一文を読むだけのために、買う価値があると思う。田中氏とは、『共喰い』(集英社)で第146回芥川賞を受賞した際の会見で、「もらっといてやる」と発言して話題になった作家だ。2005年にデビューし、以降、話題作を次々と執筆している。

安倍晋三山口県出身の田中氏は、新潮に寄稿した文章で同郷の首相に物申している。その内容は、読みながら思わず膝をポンと叩いてしまうようなものであった。メディアでしか見る機会のない安倍氏に対して、筆者が漠然と抱いていた印象が、この一文を読むことによって明解なか形で姿を現してきた。

「政治家っぽくない人、向いてない仕事を背負わされている人」。田中氏は、まず山口県でのイベントで安倍氏に直接会った時の印象を述べる。首相に復帰してからも、「目つきや喋り方は相変わらずで、どこか悲壮な感じがする」。それでいて、「やたらと強い態度に出ることもある」。

安倍氏は、選挙前にテレビの討論番組に出演していたが、「いいですか、いま私が喋ってるんですから、などとどうしようもなく子どもっぽい反応」をしていた。また、自分と意見の違う論者を「せせら笑うという不用意な顔」も見せていた。確かに、筆者もそんな安倍氏の振るまいを覚えている。

そして、そうした振るまいは、「山口県の政治風土の表れではないか」と田中氏は分析する。具体的には、「やろうとすること、やっていることがあまりに粗雑で非論理的。ただし信念だけは人一倍強い」。さらに、「自分の意見が一番正しいのだという我の強さ、強情さ」も加わる。

とはいえ、安倍氏を駆り立てているのは、山口の県民性よりも「血筋」なのではないか、とも田中氏は述べる。父は元外相、祖父とその弟はともに首相。そういう家系に生まれたことが、プレッシャーとして安倍氏に「重くのしかかっている」。そんな中で、「安倍氏は明らかに政治家としての自分を強く見せようとしている」し、「強くあろうとしている」のはなぜか。

それは「安倍氏は弱い人間だからだ」と田中氏は言い切る。「強くないなら、強くないままでいい」と助言する。しかし、「首相となった安倍氏は、もはや弱い自分に戻ることは絶対に許されない」。ゆえに、「弱くない、自分は強いのだ、という壮大で生真面目な?を、命がけでつき通さなければならない」。「誰よりも、自分自身に対して」。

安倍氏の「弱いままでいることを許されない」状態は、「性急で危険」なものだと田中氏は指摘する。その危険は、「安倍氏自身の命を縮める」。加えて、「その危うさを含めた過剰な強さ」が、田中氏に「怖いと感じさせる」のであった。

簡明かつ的を射た内容である田中氏の一文を読みながら、自殺した政治家たちのことを筆者は思い出していた。本当は弱いのに、強がったり見栄を張らざるをえないことが、どんなにつらいことか。特に、政治家という職業は、強くてなんぼの世界であり、弱さを見せたら負けてしまう。負けるのなら死のう。そう追い詰められる人がいてもおかしくはない。

昨今、テレビで目にする安倍氏は、強そうに振る舞っていることが多い。一方でその目つきは、どこを見ているのか分からないような空虚さが目立つ。安倍氏はなぜ強さと空虚さを合わせ持っているのか。その理由の一端が、田中氏の一文によって分かったような気がした。ぜひとも新潮で全文を読んでいただきたい。(リアルライブ)

田中慎弥さんてこんな人です



水虫って、たまらないよね。
なんとか治したいかた、見てね。
水虫アッサリ追放宣言!こんなに簡単! 
だったのか・・・水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった



専用ジェルとセットで美顔器980円は安いよね。
安いんで私も買ってみた。
すっごくいい。
お肌きれいになるよ。
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?
エステナードROSE


励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
12:46  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/379-c99db3fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。