CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.18 (Fri)

東南アジア歴訪で分かった 安倍首相 健康不安再燃

     安部総理


安倍首相って、ほんと強運の持ち主だなぁ、とつくづく思っていた。
なぜなら、前回総理を辞めた時、体調理由ではあったけど、
にっちもさっちもいかない問題を抱えていた。
絶対、この問題のために逃げた!という印象の方が強かった。

健康問題であれば、それなりの対処法はあったはず。
それを辞任!なのだから、投げ出した!と言われても仕方ない。

本人の中では、難問にぶちあたり、もうやれない、投げた!や~めた!どうせ体がこんな状態じゃ、だめだ・・・
これが本心だったと思うが。

それでも、こうして総理に復活できてるなんて、
物凄い強運の持ち主。

でも人間、一度失敗したら、2度と同じ失敗はしないようにするものだ。
このことが、今回の記事で、あたしに心配の種をまいてしまった(笑)

というのは、総理の抱えてる病気は、難病指定されている“潰瘍性大腸炎”。
この病気は同病を患ってる方々が言ってるのを読むと、ほんとに大変な病気である。

再選された時、3500円のカレー(これほんとだよ)(笑)を食べて、
元気!元気!大丈夫!もう治った!とパフォーマンスしてたが、
これは、新薬のお陰らしい。

みなさん、薬って、治すものだと皆が思ってるでしょう。
ところが、治すのは一時的な場合が多く、副作用!という怖~いものが付きまとうのです。

あたしは、抱えてる病気より、薬による副作用の方が恐ろしい!と思っている。

それで、総理の飲んでる薬というのは、「アサコール」という特効薬。
特効薬ってくらいだから、効く!!!
ところが、このアサコールの副作用の発生率は48.5%だという。
その副作用の内容は、むくみを起こすことがある。
さらに重い副作用は、心筋炎、心膜炎、腎不全……。
特効薬だからこそ、更に、色々な症状が出かねない。

恐ろしいことだ。
これを飲み続けると、重い副作用が出ることもあり得る。
2度と辞任のようなことにはなりたくない、せめて体だけは維持したい、という強い願望があるはず。
勿論、政権がかかってる。

てなことで、薬の飲み過ぎ、が懸念されるのだ。
人間の心理だよね。よくなろうと思えば、よく飲む(笑)

でもよく飲めば、重い副作用にやられる!ということには、あまり気づいてはないと思う。

薬だけに頼らず、免疫力アップさせて(様々な民間療法)、自力での回復を半分、薬半分、とか、
その辺を考慮してもらいたいと願います。


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法


この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法


引用  

東南アジア歴訪で分かった 安倍首相 健康不安再燃

16日から、東南アジア3カ国を訪問している安倍首相。就任後、初の外遊である。外遊日程を見た政界関係者は、「やっぱり体調は良くないのだろう」と確信を強めている。

 安倍首相の歴訪先は、ベトナム、タイ、インドネシアの3カ国。日本から6時間程度だ。

「とても首脳外交とは思えない、ゆったりとしたスケジュールが組まれているのです。16日にベトナム、17日にタイ、18日にインドネシア、19日に帰国という3泊4日の日程。忙しい首相では、考えられないノンビリした日程です。現地でも予定を詰め込んでいない。夜は必ずゆっくり宿泊できるようにしている。もし、無理をして持病の“潰瘍性大腸炎”が悪化したら、あっという間に政権は吹き飛ぶ。官邸サイドが、ハードスケジュールを避けたのは間違いないでしょう」(政界関係者)

 政界関係者が「やっぱり体調は良くないのだろう」と一斉に感じたのは、はたから見ていても、調子が悪そうだからだ。

 もともと、首相の持病である「潰瘍性大腸炎」は、難病指定されている病気。原因は不明、治療法はない。ちょっとでも無理をすると、下痢や腹痛、下血が止まらなくなる。完治しない病気だ。

 首相周辺は持病の悪化だけでなく、クスリの副作用も心配しているという。安倍首相は「アサコール」という特効薬で症状を抑えているが、どんな良薬でも副作用がある。独立法人「医薬品医療機器機構」のホームページによると、アサコールの副作用の発生率は48.5%だという。

「懸念されているのは、首相の顔がむくんで見えることです。アサコールは副作用としてむくみを起こすことがある。重い副作用は、心筋炎、心膜炎、腎不全……。持病の悪化を怖がって必要以上に服用しているのではないか。心配です」(自民党事情通)

 年明けのこの2週間、映画観賞だ、ゴルフだ、スポーツジムだ、とストレスのかからない生活をつづけている安倍首相。なのに、早くも「プレッシャーで眠れない夜はありますね」と弱音を漏らしている。この先、ハードな外交スケジュールがつづいた場合、体と神経はもつのか。トップの健康は国民生活に直結する。首相は可能な限り国民に体調を明らかにするべきだ。( 日刊ゲンダイ)


2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」



FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。
【5年以上勝ち続けるFX成功法則】 城北忠明のFX初心者必勝法・無料レポート


励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
09:46  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/395-bbeb0988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。