CFD投資のメリット

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.03 (Sun)

資産家夫婦殺害『消えた20億円』と犯人グループ

今朝のサンケイに下記のような記事があった。
まだ、全くニュースでは聞こえてきてないことだ。


〈「じつは霜見は、兜町では、仕手株、ボロ株の売買で繰り返し登場する有名人」(仕手筋に詳しい事件師)〉

ん~、この世界では、仕事となると、汚い手(?)も使わないと、ものにならないのかもね。あたしにはよく分からないけど。
年収5億円なんてのは、そりゃ、ただじゃそんなお金稼げないだろう。

霜見さんは、うさんくさい人物のように思われてた(?)らしい。(?)

それでも、殺すというのは、ないだろう。

視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法



この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法


引用  

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(産経)

・・・で、“資産家”殺人事件だ。

 『週刊文春』(2月7日号)は「資産家夫婦殺害『消えた20億円』と犯人グループの『正体』」。『週刊新潮』(2月7日号)は「危ない金を運用していた『資産家夫婦』殺害事件の闇」。

 内容的にはほぼ同じ。

 霜見誠氏というこの“資産家”、実は元証券会社員のファンドマネジャー。

 〈「じつは霜見は、兜町では、仕手株、ボロ株の売買で繰り返し登場する有名人」(仕手筋に詳しい事件師)〉

 〈「数年前、ドバイの不動産価格が高騰した時、霜見は大物代議士(故人)の息子であるMや、Yという広域暴力団と近い人物と一緒に、ドバイに投資する案件を持ち歩いていた。この件は出資者に数千万円の資金が返還されず、訴訟沙汰になっている」(別の事件筋)〉(『文春』)

 六本木ミッドタウンなどの複数の高級マンションに部屋を持ち、愛車はベンツやフェラーリ。愛犬に大間のマグロを食わせたとかのエピソードも共通している。

 〈「でも、都内の高級マンションは外国人の代理人の形で借りてるんだと思うよ。代理人として名義を出していただけ」(先輩で一緒にファンドを立ち上げたO)〉(同)

 何やらうさんくさいこういう人物を「資産家」と呼ぶのは違和感がある。

2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。
【5年以上勝ち続けるFX成功法則】 城北忠明のFX初心者必勝法・無料レポート


励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
08:52  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/439-a9eadf49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。