CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.26 (Tue)

PC遠隔操作事件 裁判官からの質問要請

この事件、なぜ、警察は、取り調べの可視化を拒否するのでしょうね。
これでは、弁護士が言う通り、
「録画を拒否するのは、嫌疑の根拠が薄弱であることが露見する恐れがあるからだ」
と誰もが思う。
可視化が実現せず、19日から取り調べは行われてないということだ。
詳細は下記記事で


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法



この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法


引用  

PC遠隔操作事件 裁判官からの質問要請

パソコン遠隔操作事件の威力業務妨害容疑で逮捕されたIT関連会社社員片山祐輔容疑者(30)の弁護人が25日、「警察や検察が取り調べをしないため容疑者に有利な供述を証拠化できない」として、東京地裁で26日にある勾留理由開示の法廷で裁判官から事件について質問するよう異例の要請をした。

 弁護人の佐藤博史弁護士は「恐らく前例がないが、このまま取り調べがなく、状況証拠だけで起訴されるのは阻止しなければならない」と説明、「法廷での供述を録画し、正しく証拠として残すべきだ」と実現を強く求めている。

 地裁に提出した請求書によると、片山容疑者側は逮捕後、取り調べが録音・録画されれば、黙秘権を行使せず聴取に応じる意向を警視庁や東京地検に伝えた。しかし可視化は実現せず、19日以降取り調べは行われていないという。

 佐藤弁護人は「録画を拒否するのは、嫌疑の根拠が薄弱であることが露見する恐れがあるからだ」と指摘。犯人の立ち回り先とみられる神奈川県・江の島での行動や、遠隔操作ウイルスの作成経験の有無など、9項目を尋ねるよう求めている。(共同)

 [2013年2月25日20時55分]


2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。
【5年以上勝ち続けるFX成功法則】 城北忠明のFX初心者必勝法・無料レポート


励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
00:21  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/503-6ddb2669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。