CFD投資のメリット

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.30 (Sat)

坂口杏里、母看取った「今までありがとう…」

坂口良子3

下記のサンスポの記事に詳しく書かれてます。
2011年にがんが見つかってるので、
結婚は、がんだと知ってての入籍でした。


坂口良子4

この写真は
昨年12月22日放送の番組で親子で出演する坂口良子さん
(関西テレビ「雨上がり食楽部」から)

3か月前はこんなに元気だった。


引用

坂口杏里、母看取った「今までありがとう…」

女優、坂口良子さん(享年57)が横行結腸がんと肺炎の併発によって亡くなったことが29日、発表された。この日、故人の遺志で密葬が営まれた後、喪主を務めた夫のプロゴルファー、尾崎健夫(59)と、前夫との長女でタレント、坂口杏里(22)が連名で「これから家族全員力をあわせて頑張ってまいります」とコメント。臨終の際、杏里は女手一つで育ててくれた母に感謝の言葉を送り、継父とともに母の分まで一生懸命生きていくことを誓った。

 「今まで、ありがとう…」

 27日午前3時40分、眠るように息を引き取った坂口さんに、杏里は泣き崩れながらも、そう声を振り絞った。温もりの残る母の手を、しっかりと握りしめながら。その隣で健夫も悔し涙を流し続けた。

 関係者によると、26日に容体が急変し、健夫、杏里、長男(23)ら家族に看取られ、天国へ旅立ったという。28日に通夜、29日に告別式が坂口さんの遺志で密葬として近親者のみで執り行われた。棺には2011年9月放送の遺作ドラマ「渡る世間は鬼ばかり 最終回スペシャル」の台本などが納められ、荼毘に付された。斎場には満開の桜が咲き誇り、風が吹くたび花びらが舞い落ちた。

 坂口さんは2011年夏ごろに体調を崩し、その後の精密検査で横行結腸がんが見つかり入院。昨年、手術の影響によるとみられる腸閉塞とインフルエンザから肺炎を併発したという。1度は退院したものの、今年2月末に再入院。女性誌に重病を報じられた際には、ブログで復帰への前向きな気持ちを綴ったが、叶わなかった。

 坂口さんは86年に19歳年上の不動産会社社長と結婚し、長男と杏里をもうけた。しかし、杏里が3歳だった94年に離婚。総額40億円もの元夫の借金を返済しながら、2人の子供を女手一つで育ててきた。そんなとき出会ったのが健夫だった。

 98年から交際を続けたが、杏里は健夫を拒絶した。昨年1月のトーク番組で「ママが取られちゃうみたいで寂しかった。なかなか認められなかった」と回想している。坂口さんが健夫と再婚したのは昨年8月。08年に芸能界デビューした杏里がバラエティー番組で活躍し始め“独り立ち”し、年齢でも成人した後だった。

結婚後は坂口さん、健夫、杏里の親子3人で、東京・渋谷109へ買い物に訪れることが何度もあった。杏里は母との共演番組で、健夫について「初めての結婚で初めての子供が私なんですよ。なので、すごく楽しんで(服を)買ってくれますね」とうれしそうに語っていた。杏里にとっても“初めて”の父親だった。本当の親子になれた瞬間でもあった。

 健夫と杏里は密葬を終えた29日午後、連名の書面で「これから家族全員力をあわせて、皆さまのご厚情を賜りながら頑張ってまいります」とコメントを寄せた。後日、お別れの会を行う方向で話し合われているという。

 杏里は30日、悲しみを乗り越え、TBS系特番「オールスター感謝祭」(後6・25)に生出演する。

日本テレビ系「池中玄太80キロ」で共演した俳優、西田敏行(65)の話 「早すぎます、順番が違います。悔しさに唇をかんでいます。ただ、今は現実を受け止めようと必死にもがいています。言えるのは、玄太を愛したアッコをあんなにステキに演じてくれてありがとうございました。おかげで玄太を日々楽しく生きることができました。ホントにホントにありがとうございました」


1998年9月に座長公演で共演した歌手、五木ひろし(65)の話 「訃報を聞き、驚きと信じられない気持ちでいっぱいです。いろんな番組で共演したことがありますが、特に思い出深いのが、大阪新歌舞伎座の私の公演で相手役を務めてくれたことです」


テレビ朝日系時代劇「名奉行 遠山の金さん」などで共演した俳優、松方弘樹(70)の話 「かれこれ35年以上の付き合いになります。数えきれないほど共演しました。まだまだこれから活躍する姿を楽しみにしていたのに残念です」


舞台「規子と弓代」で共演した女優、石野真子(52)の話 「あまりに突然のことで、ただただ驚きのあまり、言葉を失っています…。心より、ご冥福をお祈り申し上げます」

結腸がん

 右下腹部の盲腸から順に上行(じょうこう)結腸、横行(おうこう)結腸、下行(かこう)結腸、S状結腸・直腸までが大腸で、そのなかの直腸を除く大腸部分が結腸と呼ばれ、その部位に発生したがん。食物繊維不足による便秘など腸内の環境悪化や酒、たばこなど消化器官に悪影響を及ぼすことなどが原因にあげられる。進行は遅く、早期発見であれば完治も可能だが、肝臓や肺など別の臓器に転移することも。便通の異常が続くと発症の恐れがあり、近年の日本では発生頻度が増加している。


坂口良子(さかぐち・りょうこ)

 1955年10月23日、北海道・余市町生まれ。東京・堀越高校卒。15歳だった71年に「ミス・セブンティーンコンテスト」で優勝し、芸能界入り。モデル、女優として活動し、72年のドラマ「アイちゃんが行く!」で主演デビュー。その後も「前略おふくろ様」「池中玄太80キロ」など人気ドラマに次々に出演した。私生活では86年に不動産会社社長と結婚し、1男1女をもうけたが、94年に離婚。2012年8月にプロゴルファーの尾崎健夫と結婚した。長女の坂口杏里はタレント。


2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。



ネットショップやってみたい方
これで簡単に夢のネットショップが完成しちゃうんです。
見てみてね。



励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
08:20  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/596-605ca084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。