CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.10 (Wed)

恋と性を描いた岸惠子「書くのは度胸いった」

岸恵子さんの書き下ろし小説『わりなき恋』
これは、70歳の恋と性を描いた小説として今、話題を集めてますね。

この岸さん、テレビでインタビューを受けたそうで、
私は見ていないのですが、
その時の写真を友人から見せてもらいました。

なんて美しい!!

もともと美しくて止まらないような人なんですけど(笑)、
形容ができないくらい、美しい人ですよね。

それが、今、80歳だということで、
それがそれが、あの美しさが全く衰えてないないというか、
以前と変わりない!というのは、どういうことなんだろう、、、
と思ってしまった。

というくらい、美しいのだ。

その岸さんが、
恋と性を書いた、ということで、

「書くのは度胸いった」と言っていたそうだ。

そうですよね。ご自身でも色々多くの恋も経験してしきてるでしょうけど、
これだけ美しいのだもの、、、。

こういう美しい人が、赤裸々に性を描くというのは、そりゃ勇気がいるよね。

ま、ご自分の体験も含めながら書いたとは思うけれど、
外国暮らしが長いから、
外国の魅力的な75歳くらいの友人と話したりしてるうちに、
性を描いてみたくなった、とも話している。
色々取材もしながら書いたようですね。

岸さんは、「性を語らずして大人の恋はなりたちえないと思うんです」
と言ってるけれど、

ん~、そうなのかなん、などと思う。
スキンシップで、つまり手をつないだり、楽しく散歩したりでも
恋、愛には違いないとも思うんですけどね。分かりませんが(笑)

岸さんフランスで勲章も得てるんですね。
2011年フランスの芸術文化勲章コマンド-ルを受勲だそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~

 心だけでなく体を強く求める兼太と、
夫を亡くしてからの〈長き不在〉に躊躇する笙子。
彼の思いに応えようとするが、
10数年もの間、孤閨(こけい)を守ってきた笙子は、
70歳を迎え枯渇してしまった自分の体に、打ちひしがれる。

 大胆にも婦人科医に相談し、女の再生を目指す笙子。
そして再び体を重ねたとき、
〈妖しい露を滲ませた野生の蘭のように九鬼の体を搦めとった〉──。
別の女への嫉妬、兼太の家族の呪縛、笙子の病気、
そして起こった東日本大震災。2人は激動に巻き込まれていく。


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法



この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法

無料アクセス解析です。
やってみると、わお!ですよ。
経路も!滞在時間も!閲覧ページも!検索キーワードも!
無料でここまでアクセス解析できるツールはまずありません!!


引用  


最新小説で大人の恋と性を描いた岸惠子「書くのは度胸いった」

ピンと伸びた背筋、6cmのハイヒールに膝丈のスカートをふわりとなびかせ、彼女は颯爽と登場した。女優・作家の岸惠子は、カメラの前に立つと、「私、80歳になっちゃったのよ。この年齢で撮られるの、本当は嫌なの」と笑う。

 潤った肌に艶やかな黒髪……50~60代にしかみえないその姿に、濃艶な魅力が漂う。その彼女が4年の月日を費やして描いた最新小説は、大人の男と女の恋物語だった。

「男性をひと回り年下にしたのは、60代を過ぎた女性が恋愛しようと思っても、日本男性はリタイアすると急に老けてしまって、なかなか素敵な人がいないから(笑)。それに、『日本株式会社』に勤めてきた定年間近のサラリーマン男性の悲哀も描きたかった」

 岸の最新刊『わりなき恋』は、世界を飛び回るドキュメンタリー作家である主人公・笙子(しょうこ・69)と、妻子ある大企業のトップマネジメント・九鬼兼太(58)がパリ行きのファーストクラスでふと会話を交わしたことから始まる。突然の胸の高鳴り、初めて覚えた携帯メールのやりとり、ときには世界情勢に芸術に熱く議論を戦わせ、2人は次第に距離を縮めていく──。

「女同士ってざっくばらんに性を語るときがあるんです。“夫婦間がセックスレスで”とか“まだ体が疼くときがあるのよ”と外国に住む75歳のとても魅力的な友人が言ったり……そんななか、人生の中で一つの大切な要素である性を描いてみたいと思う気持ちが湧いてきました」

 心だけでなく体を強く求める兼太と、夫を亡くしてからの〈長き不在〉に躊躇する笙子。彼の思いに応えようとするが、10数年もの間、孤閨(こけい)を守ってきた笙子は、70歳を迎え枯渇してしまった自分の体に、打ちひしがれる。

 大胆にも婦人科医に相談し、女の再生を目指す笙子。そして再び体を重ねたとき、〈妖しい露を滲ませた野生の蘭のように九鬼の体を搦めとった〉──。別の女への嫉妬、兼太の家族の呪縛、笙子の病気、そして起こった東日本大震災。2人は激動に巻き込まれていく。

「性を語らずして大人の恋はなりたちえないと思うんです。これを書くのはかなりの度胸がいりました。でも、色々な経験をした“今の岸惠子”でなければ書けないこのテーマを社会問題もからませて、勝負ッというつもりで書きました」

【プロフィール】
●きし・けいこ:女優・作家。1932年横浜市生まれ。『君の名は』『雪国』など名作に出演。1957年にイブ・シァンピ監督と結婚、一女をもうけ離婚。40年あまりのパリ暮らしの後、現在は日本に拠点を移し、日仏を行き来する。近年は作家、ジャーナリストと多方面で活躍。2011年フランスの芸術文化勲章コマンド-ルを受勲。『風が見ていた』など著書多数。3月25日『わりなき恋』(幻冬舎刊)を上梓。

取材・文■由井りょう子

※週刊ポスト2013年4月19日号




2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。



ネットショップやってみたい方
これで簡単に夢のネットショップが完成しちゃうんです。
見てみてね。



励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
18:52  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/615-dd75de46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。