CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.14 (Sun)

次期駐日大使に「ケネディの娘」起用は吉か凶か?

暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領の遺児キャロライン・ケネディさんが
次の駐日アメリカ大使に任じられることが確実となった。


キャロライン ケネディ

キャロライン・ケネディさんて、
ハーバード大学、コロンビア大学法科大学院卒なんですね。
優秀!!エリート、
なのに、なんかこれまで、あまり目立った仕事や業績はないようなんですね。
それは、あまりに彼女を襲った悲劇的環境によるのでは?
という見方があるようです。

キャロライン ケネディ2

暗殺された父のケネディ大統領と。
母親のジャクリーン夫人が抱いているのは
向かって左が長男ジョン・F・ケネディJr.
右が長女キャロライン。

母、ジャクリーン夫人は
1968年にギリシャの大富豪オナシスと再婚(75年死別)、
94年に64歳で死去した。

長男のJrは法律家、雑誌編集者
そして何より父の後継者として注目を浴び続けたが、
1999年7月16日自ら操縦する小型機で
別荘のあるマサチューセッツ州ケープ・コッド沖の島に向かう途中
大西洋に墜落死亡した。
妻とその妹も犠牲となった。夫妻の間に子どもはなかった

残ったのはキャロラインだけ。

このような境遇だと消極的にもなりますね。
でも、キャロライン自身は、
普通に結婚して3人のお子さんもいるようです。
彼女だけでもこうして幸せでいることが、救いですね。

駐日大使として、どのような手腕と仕事ぶりになるのかは、
そりゃ、着任してみないと未知数ですね。


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法



この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法

無料アクセス解析です。
やってみると、わお!ですよ。
経路も!滞在時間も!閲覧ページも!検索キーワードも!
無料でここまでアクセス解析できるツールはまずありません!!


引用  

次期駐日大使に
「ケネディの娘」起用は吉か凶か?

暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領の遺児キャロライン・ケネディさんが次の駐日アメリカ大使に任じられることが確実となった。オバマ政権のこの異色の人事案は米側で複雑な波紋を広げている。

 1963年11月、突然に父を失った5歳のキャロラインさんの葬儀での痛々しい姿は全世界の同情を集めた。その少女もいまは55歳の弁護士。美術品展示デザイナーの夫との間に3人子供がいる。だが当人には外交も政治も経験はない。まして日本やアジアとのかかわりも皆無に近い。

 オバマ大統領がそれでもキャロラインさんを日本駐在の大使に選んだのは明らかに彼女が大統領選の重要段階でオバマ候補への支持を鮮明にしたことへの報奨だとみられる。

 キャロラインさんは2008年の大統領選挙でオバマ氏がヒラリー・クリントン候補と激しく民主党の指名を争う最中、オバマ氏への支持を宣言して注視された。民主党内で「ケネディ」の名は特別の重みを示す。その支持はオバマ陣営を勢いづけ、オバマ氏本人も感謝の意を強調した。

 彼女はハーバード大学、コロンビア大学法科大学院、大手法律事務所というエリート・コースを歩んだものの、目立つ業績は驚くほど少ない。父と叔父ロバート・ケネディ氏を暗殺され、弟を飛行機事故で失った悲劇の家庭環境のためきわめて内向的な女性になったともいう。09年1月にヒラリー・クリントン上院議員が国務長官に任じられ、後任のニューヨーク州選出上院議員と目されたキャロラインさんが最終場面で「個人的な理由」で辞退したことも、その消極性を印象づけた。

 キャロラインさんの大使としての利点はオバマ大統領の信が厚く、ホワイトハウスとの直接の意思疎通が円滑なことだろう。この点は現在のジョン・ルース大使と似ている。だが彼女にはケネディ一族という日米両国でなお強烈な知名度の武器がある。

 しかし「日本側ではケネディ・ファンや女性権利拡大論者を喜ばせるかもしれないが、日本がいま(北朝鮮や中国という)周辺諸国との緊迫を高める危険な現状で必要な政治や安保の技量は不足だという批判も米側にある」(ウォールストリート・ジャーナル紙)という懸念も表明されている。(週刊文春)


2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。



ネットショップやってみたい方
これで簡単に夢のネットショップが完成しちゃうんです。
見てみてね。



励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
21:42  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/619-83c341c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。