CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.20 (Sat)

いじめ女教師、異常な暴言の内容

東京・調布市の市立小学校の50代女性教諭が、
受け持っていた児童への「暴言」を理由に担任を外された問題で、

「とくダネ!」(フジテレビ系)が2013年4月19日、
教師の「肉声」を放映した。

「Aさん、(給食を)1人前もらうのやめてくれるぅ?
 Aさんの少なくしてくれるぅ? いつも迷惑だから……ねえ、みんな!」

「はい!」(児童たち)
「迷惑だよねえ……」


「やっぱりね、勉強ができない人ってのは字を書くのも遅いんだね。
おまけにねえ、遅いくせに下手だわ」

「どういう脳みそ? 不思議な脳みそねえ」

「持ってきてない人、手挙げて。
ああ、いつものダメな人たちね。
ダメな人生いいかげんやめようと思いません?」


これは、子供に浴びせる言葉でないでしょう。

これは、どういうことで発覚したかというと、
ボイスレコーダーだ。

恐るべき兵器(笑)
保護者がこの問題を学校に通報するため、
児童に持たせていた。

これがありゃ、戦えないことは何一つない。
ほんと恐るべき機械だ。

学校の教員は、この恐るべき機械が、
日々いつでもどこでも作動してることを忘れてはいけない。

ということは、昔と違って、
教室で何言ってもいい平和な時代は終わったのだ、ということだ。

教師もやりにくい時代になった、ということより
何が問題かって、
こんな人間性の人が教師をやってる、という事実だ。
あり得ないでしょ。

私は実際にはテレビを見ていなかったので、
その状況がつまびらかには分からないが、

この教諭は、暴言を浴びせられる数人以外の児童には
こうした発言があったことを口止めし、自らの暴言に加担させていた。

教諭「謝ってください。よそ見していたことを、みんな知ってるよね? 
みんなに謝りなさい。ムダな時間を使ってしまってごめんなさい」

児童A「……ムダな時間を使ってしまってごめんなさい……」

教諭「何度も言ってるから、ごめんなさいって。
そういっても次からまたやるからね、だからみんな嫌なんだよ。ねえ、みんな」

児童全員「はい」

ほかにも児童を使って、
「早く答えないと授業始まらないよ」などと対象児童を追い詰めるような振る舞いも。

今回のこの事件?は、小学2年生でのことだが、
こんな小さい子供には、こういう人間性が表れる会話、
というのが出やすいと思う。

中学、高校などでは、教科指導が主だから、
こういう今回のような言動は出にくいようにも思うが、

でも、子供を扱う教員というものの、人間性というものの重要性が
改めて問われることとなると思う。

こういうものは、採用面接などでも把握し切れない。

親にとっては、担任は運ですね。


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法



この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法

無料アクセス解析です。
やってみると、わお!ですよ。
経路も!滞在時間も!閲覧ページも!検索キーワードも!
無料でここまでアクセス解析できるツールはまずありません!!


引用  

調布市女教師、日常的に異常な暴言 児童に「どういう脳みそ?」「ダメな人生…」
J-CASTニュース 2013年04月19日12時20分
「Aさん、(給食を)1人前もらうのやめてくれるぅ? Aさんの少なくしてくれるぅ? いつも迷惑だから……ねえ、みんな!」
「はい!」(児童たち)

「迷惑だよねえ……」

東京・調布市の市立小学校の50代女性教諭が、受け持っていた児童への「暴言」を理由に担任を外された問題で、「とくダネ!」(フジテレビ系)が2013年4月19日、教師の「肉声」を放映した。

暴言で児童をなぶり、甲高い声で怒鳴る…
教諭は2012年4月から、小学校2年生のクラスの担任についていたが、クラスの数人の児童に、日常的に厳しい暴言を浴びせていたことが明らかになった。保護者からの知らせを受けた学校、市教委などは女性教諭を担任、そして学校勤務から外した。その後都教委が「懲戒処分に当たらない」との判断を下したことを受けて13年4月から学校に復帰させようとしたが、保護者の強い反発があり、現在は市教委内で「研修」を受けているという。

「とくダネ!」が放映したのは、保護者がこの問題を学校に通報するため、児童に持たせていたボイスレコーダーの音声だ。音声は加工されていたものの、そこからは女性教諭の「異常」ぶりがうかがえるものだった。

教師の「暴言」は常にクラスの中の数名の児童に浴びせられていたものとされ、

「やっぱりね、勉強ができない人ってのは字を書くのも遅いんだね。おまけにねえ、遅いくせに下手だわ」
「どういう脳みそ? 不思議な脳みそねえ」
「持ってきてない人、手挙げて。ああ、いつものダメな人たちね。ダメな人生いいかげんやめようと思いません?」
聞く範囲では、その口ぶりは「愛のムチ」、あるいは「冗談」というような類のものとは感じさせない、児童の心を削るような残酷なものだ。猫なで声から発せられる冷たい言葉と、甲高い怒声のオンパレードで、児童ならずとも恐ろしさを感じる。

ほかの児童をコントロールして集中攻撃

さらに教諭は、暴言を浴びせられる数人以外の児童にはこうした発言があったことを口止めし、自らの暴言に加担させていた。教諭がいじめを誘発しているとも受け止められかねない。象徴的なのは、以下のようなやりとりだ。

教諭「謝ってください。よそ見していたことを、みんな知ってるよね? みんなに謝りなさい。ムダな時間を使ってしまってごめんなさい」

児童A「……ムダな時間を使ってしまってごめんなさい……」

教諭「何度も言ってるから、ごめんなさいって。そういっても次からまたやるからね、だからみんな嫌なんだよ。ねえ、みんな」

児童全員「はい」

ほかにも児童を使って、「早く答えないと授業始まらないよ」などと対象児童を追い詰めるような振る舞いも。

ツイッター上などでも、こうした断片的な情報では判断できないとの声もあるが、改めて音声で明らかになった「異常さ」に、怒りをにじます人が相次いだ。

「今ニュースで暴言教師の肉声が流れてたのですがなんでこんな人間が居るのかよく分からぬ( ・´ω`・ ) 子供達の味方であるべき先生が言葉の暴力で子供達を追い詰める…とても考えられません」
「調布市の暴言教師の報道すごい…~_~;思い出すと涙が出そう。あんな教師が2年生を持つなんて…子供達の人格形成に影響大だよね?」
「とくだねでやってる暴言教師、見てたらマジで涙出てきたよ。教育委員会も甘いわ。こういう教師がいるからモンスターが増えたのかその逆なのか‥とにかく酷すぎる」



2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。



ネットショップやってみたい方
これで簡単に夢のネットショップが完成しちゃうんです。
見てみてね。



励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
08:06  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/630-3d39ad6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。