CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.13 (Mon)

押尾学 獄中からの手紙…刑務所は劣悪、過酷な生活、芸能界には戻ることはない

押尾学事件については、私のこの「魔法のランプと私」の前身である
「日々よき日記」で、散々書いてきた。

押尾学、日々よき日記 で、グーグッてみると、
検索ページ1面「日々よき日記」になってるけど(笑)、
検索の言葉を変えたら、もっと「日々よき日記」の押尾事件に関するものは
いっぱい出てくる(笑)

それ位、当時は夢中になって、押尾事件を書いてた。
てことは、悪いけれど、これほど興味のある事件というのはない、
というくらい、この事件に関連する人達も、多岐にわたっていたからだ。

森元首相の子息とか、水泳の北島、、、もっともっと、、、
えっ、という人たちが、事件に絡んでいた。

いずれにしても、人の命が失われた、のだ。
すぐ処置してれば助けられた、と思われる命!

やはり、人一人の命の重みは大きい。

てなことで、この押尾が、刑務所からの手紙が
雑誌「女性自身」が文書で送った質問に、彼の丁寧な回答
が返ってきた。

その一部が下記の「女性自身」の記事である。

ホリエモンなんかの刑務所事情とは、雲泥の差ではないかと思い、
びっくりした。

ーー独房の様子は?  
「部屋の居室面積は5・7平米。独房。ものすごく古い部屋。トイレが長方形の木のトイレでものすごく臭い。畳もボロボロで虫がいっぱい。洗面台の排水溝から大量の小バエが発生してきて汚い」
 劣悪な環境は衛生面だけではない。彼がすごす独房には、もちろん冷暖房もない。

ということなど、詳細は下記を読んでいただければ分かるけど、
刑務所の実態をあまりよく知らない私は、
刑務所というのは、大体、ホリエモンが過ごしてきたような程度、
などと思っていたわけなんで、、、

殺人の関わる刑務所というのは、
こういう酷い環境、状況を強いられるのだね。

ま、当然と言えば当然なんだけど。
刑務所というのは、3食昼寝付き、というのは大げさでも、
3食食べられるのは、ありがたいこっちゃ、なんて、
刑務所に入りたかった、といって事件を起こすバカなやつもいるけど、

やはり、刑務所は入るべきとこじゃないでしょ!


一転して(笑)今日も頑張ろう(笑)

あなたが虚しく過ごした今日という日は、
昨日死んでいった人が、あれほど生きたいと願った明日。

て言葉あったよ。

今日を最高に生きよう。


当ブログの前身の「日々よき日記」から・・・
押尾学事件、田中香織さんの最後の様子
押尾学事件 控訴審に思う


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法


この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法

引用  

懲役3年6カ月の実刑となり、昨年3月末に東京高等検察庁に出頭した押尾学(35)。5月6日、彼は刑務所の独房で35歳の誕生日を迎えた。

 彼はいま、刑務所のなかでどのような生活を送っているのかーー。
 収監1年を前に、本誌は獄中の彼に文書で取材を申し込んだ。そして文書を送ってから1か月半。A4版便箋4枚に綴られた、押尾からの手紙が返ってきた。

 本誌が文書で送った質問に、彼は丁寧に回答を寄せた。ここでは刑務所の独房で綴られた『押尾の告白』の一部を公開する。

ーー刑務所での一日のスケジュールは?
「(午前)4時30分起床、5時工場で作業開始、18時過ぎに作業終了。その後入浴。
18時50分ぐらいに部屋(に戻り)、20時55分まで一人の時間。一日の時間が長いけど、とても忙しいから一日が早く終わる感じがします」
消灯・就寝は午後9時という。孤独な夜は長いようだ。

ーー独房の様子は?  
「部屋の居室面積は5・7平米。独房。ものすごく古い部屋。トイレが長方形の木のトイレでものすごく臭い。畳もボロボロで虫がいっぱい。洗面台の排水溝から大量の小バエが発生してきて汚い」
 劣悪な環境は衛生面だけではない。彼がすごす独房には、もちろん冷暖房もない。

ーー刑務所での作業は?
「体力、気力が一番過酷と言われている炊場工場です」
 炊場工場とは、収監されている受刑者の食事を作る土日も休みの無い工場だ。ほかの工場作業に先駆けて、午前5時から朝食作りが始まる。そんな厳しい作業を担当させられているという。

押尾が収監されている刑務所では、夕食後の約2時間が余暇とされている。
ーー余暇の過ごし方は?
「余暇時間は考え事をしたり、ノートにいろいろ書き込んだり、本を読んだり、テレビを見たりしています」
 逮捕後、彼には11カ月に及ぶ拘置所での生活があった。このときも独房で、悲しみ、怒り、家族への思いをA4ノートに綴ってきた。「書くこと」は彼にとって日課となっているのだ。

ーー休日の過ごし方は?
「ノートにいろいろ書き込んでいます。あとはひたすら本を読んでいます。職業訓練や通信教育も始めたので、それらの勉強もしています」
《もう芸能界には戻らないので、出所後は、新しいことを始めたい》と収監前に明かしていた押尾。出所後に向けた勉強も始めているようだ。

 かつて、彼の公式プロフィールには《身長184センチ 体重78キロ》と書かれていた。
ーー現在の体重、そして体調は?
「(体重)70・4キロ。栄養不足で爪は割れ、冬は霜焼け、たまに立ちくらみを起こしてしまいます。一日の作業時間に対してのカロリーが、まったく足りていない現状です」

 彼に下された実刑は懲役3年6か月。まだ自由を奪われた日々は2年以上も続くことになる。
ーー出所したら、まずしたいことは?
「数年間、深い闇の中に沈み込んでしまったから、静かな所で光に当たりたい」

ーー出所後の人生計画は?
「しっかりと次の人生を生きていきます」
 収監前は“夢”を語ることも多かった押尾。だが、いまは噛みしめるように、静かにそう綴るだけだった。

 09年8月の逮捕劇から、間もなく4年。彼は最後の質問に、こう答える。
ーー事件についてあらためて思うことはありますか?
「いろいろな人に思うことや言いたいことは、いっぱいあります。だけど今は何も言いません」

過酷な生活、尽きない苦悩……。これからも彼はそれを孤独に受け止め続けていくしかない。(女性自身)



2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。



ネットショップやってみたい方
これで簡単に夢のネットショップが完成しちゃうんです。
見てみてね。



励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
19:06  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/657-3f6c42a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。