CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.17 (Fri)

橋下氏「慰安発言問題」のダメな点は、問題の本質が解っていない。

橋下


橋下氏の慰安婦発言は、韓国・中国との微妙な関係にある現在、
必ずや「波紋」を起こすと、いち早く書いた。

橋下氏、米軍司令官に「風俗業を活用してほしい」更に「独自の慰安婦問題論」も発言する

石原代表「軍と売春はつきもの」と橋下氏を擁護 維新の会はどこに行くのか

そして、私は、その時の感想として、、

今までの橋下氏のビヘビァをみていると、自分の発言が「マズイ」と思った時は、
すぐに訂正して謝るパターンが常なんだけど、
今回は、謝罪する余地がない程、言い切っているから困ったね、
いつものゴマカシ・パターンは、使えそうもない状況だ。
さあ、どうする?橋下さん!!

と書いて締めくくった。

案の定、さすがの橋下氏でも、この失言を収拾する術(すべ)が当面見つからず
言い訳にならない言い訳を繰り返して、益々、傷口を大きくしていった。

そんな時に、
「風俗」という言葉が、英語には的確な言葉がない。即ち、英語圏では、風俗は買春・売春を意味するよ」
と、外人タレント(ディーブ・スペクター氏)のアドバイス受けたと言われている。

あっ!これだ!!
この誤謬を利用しようと考えた。これで、この問題から抜け出せると思ったのだろう。

早速、
「僕が言った法律上認められる風俗というものが、アメリカにとっては、買春・売春であり、そしてそれは絶対に認められないこと、そういうふうにとられてしまったというところは、非常にここは、僕の反省すべきところであって」と言い訳をした。

しかし、今日(17日)

「アメリカ始め戦場の性として女性を活用してきた世界各国も自らの過去を直視すべきだ」とか、
「アメリカの日本占領期では日本人女性を活用したのではなかったのか。自国の事を棚に上げて、日本だけを批判するアメリカはアンフェアだ」とツイッターで訴えているのだ。

折角、発言修正し、反省?の態度を示したのに、この失言の言い訳を再度しているのだ。
しかも、これは、言い訳にはなっていない。
ことの本質を曲解して「まやかし」の言い訳なのだ。

橋下氏は、自分の発言の何処がNGなのか、わかっていないらしい。

この失言がダメなのは、
 
① 維新の会の共同代表という公党の立場にある人間が
② 米軍の司令官という立場の人間に、違法性の強い処置方法を進言した

これは、前回にも書いたが、友達同士の関係の会話ではないのだ。

そして、この橋下発言の致命傷は、
「風俗業を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをコントロールできない」から
もっと日本の風俗業を活用してほしい」と発言したことなのだ。

風俗の定義や歴史、風俗の実態のこととは、別の次元の問題なのだ。
違法性のある「風俗」を利用することがいけないのだ。
どんなに「効果」があっても、法律に違反する行為はいけないのだ。

麻薬が、法律で禁止しているから使用してはいけないのだ。
例え、麻薬によって、異次元の陶酔世界に行ける「すばらし世界」でも、ダメなのだ。

しかも、今回の発言は、法律だけでなく、道徳の問題でもある。
人間の尊厳の問題でもあるのだ。

この際、橋下氏は、
いわゆる”アメリカも慰安婦を使っているだろう”などの焦点をづらした「言い訳」は、通用しないことを肝に命ずるべきだ。



「米国はアンフェア」橋下氏、報道官に反論

 日本維新の会の橋下共同代表は17日、自らの簡易投稿サイト「ツイッター」で、いわゆる従軍慰安婦問題を巡る自身の発言に米国務省報道官が不快感を示したことに対し、「アメリカ始め戦場の性として女性を活用してきた世界各国も自らの過去を直視すべきだ」などと反論した。


 また、「アメリカの日本占領期では日本人女性を活用したのではなかったのか。自国の事を棚に上げて、日本だけを批判するアメリカはアンフェアだ」と記載した。

(2013年5月17日12時28分 読売新聞)

関連記事
スポンサーサイト
15:49  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/663-7ec9c871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。