CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.03 (Mon)

安部夫妻手つなぎ拒否 政府専用機での昭恵さんの絶叫原因か

安部昭恵
なんか疲れてるようですね。

2006年の安倍前政権時は、夫婦仲がよく、手つなぎで、
タラップを降りてきていた。

なのに今回の外遊では、
「あれ? あの2人が手を繋いでいない!」

というのに、気づいた人も多かったという。
というのも、飛行機内で、昭恵さんの絶叫があったというのだ。

外遊する際、番記者たちは政府専用機に総理とともに同乗しているが、
通常、両者の距離は遠いのだが、
それは機中でウトウトしていた番記者たちの眼をハッと冷ますほどの大声だったらしい。
番記者の一人はいう。

みんな聞き耳をたてていたが、さすがに詳しい内容まではわからなかった。
だけどそのトーンは、まさに夫婦ゲンカのそれでした。

それで、手つなぎの光景は見られなかった(笑)
ということでしょうか。

そういえば、

昭恵夫人は、先日、
「フェイスブック(FB)」で韓国のミュージカルを鑑賞したことを
FBにのせ、批判を浴びた。

夫人は10日、FB上で
「全ての人や国と仲良くしたいというのが私の思いです」と理解を求めた。

というが、 夫人が鑑賞したのは、男女の恋愛を題材に東京都内で公演中の「カフェイン」。
FBに「楽しかった」と書き込むと、

10日午前までに70件を超えるコメントが寄せられたそうだ。
多くが「首相夫人として軽はずみな行動は謹むべきだ」といった批判的なものであり、
それに対し、
夫人は「批判覚悟で載せました。
理想に向かっている私なりのアクションの一つだとご理解ください」と訴えた。 

「批判覚悟で載せました」というのは、どういうことでしょ。
そういうこと勝手にしゃしゃり出てやっては、
安倍総理の迷惑になることくらい分からないのだろうか。

更に、昭恵さん、
モンゴルへの外遊中、
政府専用機の内部をまたもフェイスブックにアップしたり、
・・・・

昭恵さん、どうなっちゃったんだろう。

これじゃ、喧嘩にもなるよね。
でも、とても上品そうな昭恵夫人、そんな絶叫のような声をあげるんですね。(笑)
というより、安倍さん、幾ら腹たっても、暴力っぽいことしたらあきまへんよ(笑)


視力で悩んでるかた、
読んでみてね。

年間2万人の患者を診ている現役の眼科医院長
本部千博氏の執筆マニュアルです。
1,353人のメガネ使用者がわずか3日で視力が
1.0に!!見える!驚異の視力回復法


この奇跡!とも言える秘密!を知れば、
必ず英語力は伸びますね。
TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法

引用  

安部夫妻手つなぎ拒否 政府専用機での昭恵さんの絶叫原因か

タラップから下りてくる2人の姿をみて違和感を覚えた関係者は多かった。

「あれ? あの2人が手を繋いでいない!」

 2006年の安倍前政権時、おしどり夫婦ぶりをことさらにアピールしていたのが安倍晋三・昭恵夫妻である。その象徴が外遊時の手つなぎ姿。首相と腕を組んで歩き、各国のファーストレディと対等に会話する姿は“ヒラリー流”とも称された。

 しかし、第二次安倍政権における外交活動が本格化したこのたびのGW──外遊先で、「手つなぎ」なしで降り立った2人。番記者たちはこう訝った。

「もしやあの飛行機に響き渡ったアッキーの絶叫に原因があるのでは?」

 外遊する際、番記者たちは政府専用機に総理とともに同乗しているが、通常、両者の距離は遠い。だが、それは機中でウトウトしていた番記者たちの眼をハッと冷ますほどの大声だったらしい。番記者の一人はいう。

「みんな聞き耳をたてていたが、さすがに詳しい内容まではわからなかった。だけどそのトーンは、まさに夫婦ゲンカのそれでした。とはいえ手つなぎまで拒否するとは……」

 夫婦ゲンカなんて、どの夫婦にだってある。本来なら一笑に付すべき話である。だが、政府専用機の中で、となれば異常事態。ことアッキーに関しては、「最近、好き放題やりすぎじゃないか」との声が聞こえてくる。遂に安倍首相の堪忍袋の緒が切れたのではないか、と皆が心配するのだ。

 韓流ミュージカルを鑑賞し、「楽しかった」との感想をフェイスブックに書き込んで炎上したのは記憶に新しい。日韓の緊張高まるなか、「首相夫人として軽はずみな行動だ」との批判が相次いだのである。アッキーもアッキーで、「批判覚悟で載せました」と返し、火に油を注ぐから周囲もひやひや。官邸内では今後、フェイスブックを控えるようにという声も多く出たというが本人はどこ吹く風だ。

 3月末のモンゴルへの外遊中、政府専用機の内部をまたもフェイスブックにアップしたと思えば、4月末の訪露の際は公用車で移動中の安倍首相の横顔をパシャリ。もはや官邸関係者もあきれ顔である。

「首相の行動予定や記録はネットから筒抜け。機内や車中の様子をアップするのも、テロ対策上やめてほしい。でも、首相のお咎めがないから、我々は何もいえません。いまや昭恵さんを縛るモノは何もありませんよ」

 最大のアベノリスクは昭恵夫人だ──最近、永田町界隈ではこんなジョークすら飛び交っている。

※週刊ポスト2013年6月14日号



2000人以上の日本人をバイリンガルにしたというスコット先生の実績があります。
これを聞くと、不思議と英語耳になります。
あら、不思議!
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」


FXに関心のある方、必見です。
川島和正さんも推薦!ぜひ一度読んでみてね。
今なら無料で公開されています。



ネットショップやってみたい方
これで簡単に夢のネットショップが完成しちゃうんです。
見てみてね。



励みになります。
ぽちっとお願いします。
ありがとう。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
19:46  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/685-7c948d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。