CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.12.04 (Wed)

東京都への月間セシウム降下量 10月も引き続き全国第3位

セシウム


私は東京都在住ですが、
セシウムの降下量が、
東京は、福島、茨城に続いて第3位!

なんか、ぞっとしました。
これじゃ、東京都の水がめは勿論、
農産物だって、何だって、汚染されてるわけだし、

空気を吸ってるだけで、
これだけのセシウムを体内に取り込んでるわけです。

嫌になっちゃいました。

本当に東京に住んでていいんでしょうか。
福島、茨城の人たちも・・・・・

ほんと逃げれるものなら逃げたい、、よぉ。



http://financegreenwatch.org/jp/?p=38811

東京都への月間セシウム降下量 10月も引き続き全国第3位 平方㎞当たり340万ベクレル(FGW)
http://financegreenwatch.org/jp/?p=38811
12月 2nd, 2013 Finance GreenWatch


原子力規制委員会が公表したデータによると、10月1か月間に東京都に降下した放射性物質セシウムの降下量は、1平方㎞当たり3.4メガ(100万)ベクレルだった。1㎡に換算すると3.4ベクレルとなる。都道府県別の検出値の高さでは、従来通り、福島、茨城の両県に続いて、東京都のセシウム値の高さが目立っている。

公表されたデータは「環境放射能水準調査(月間降下物)」。2011年3月11日の東電福島第一原発事故直後に比べて、各県とも検出される値は低下しているものの、事故地の福島県から200km以上離れた東京都がほぼ毎月、第3位の値を示している傾向に変化はない。

10月の福島県の値は、4510メガベクレル(45億1000万ベクレル)で、ダントツの濃度。つまり福島県下では今もこれだけのセシウムが大気中から落ちてきているということだ。2位は、隣接する茨城県で50メガベクレル。東京都の値は、これら2県に比べて、2ケタ―4ケタ低いが、周辺の埼玉県(2.17メガベクレル)、千葉県(2.96メガベクレル)、群馬県(1.43メガベクレル)、栃木県(2.86メガベクレル)に比べて、頭一つ高い。

中部地方や西日本は大半が不検出。東京オリンピック開催までに、東京が「セシウム汚染度第3位」の銅メダルのポジションを返上できるかどうか。

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8485/24/195_1129.pdf

関連記事
スポンサーサイト
06:18  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/749-5fc73b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。