CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.10 (Sat)

宇津井健さん死の当日再婚妻と長男 お骨と遺産でモメていた

宇津井健さんは、亡くなる5時間前に、名古屋の高級クラブ『なつめ』のママ・文恵さん(80才)と再婚した。

文恵さんは、遺産相続権は放棄することを明らかにしているのだが、噂では、長男が家族と暮らしている東京都内の自宅を相続する権利があると長男に詰め寄っているとか。

また、遺骨も、

「息子さんは自分の母親(友里恵さん)が眠る都内のお墓に宇津井さんのお骨を入れてあげたいと思っているんです。ですから、文恵さんに分骨してほしいとお願いしているんですが、文恵さんは一切、それに応じようとしないそうで…。困った彼は、親しい人に相談しているみたいなんです」(宇津井家の知人)

ということで、遺産や納骨についてもめているそうだ。

この原因というか、文恵さんが面白くないのは、お別れの会で喪主を務めたのは長男だったわけで、

実は、健さんが亡くなるとき、つまり入籍してほしいと願ったのは、文恵さんに喪主になって欲しいから、ということだったのだ。

健さんは、文恵さんに喪主になってほしいから入籍をしたのだ。

そういうことだったのに、長男がお別れの会での喪主には納得がいくはずがない。

健さんの望んでいたのは、文恵さんに喪主になって欲しかったのだから。

文恵さんにとっては、健さんを裏切るわけにはいかない!

という強い信念があるから、遺産なんて全く欲しいこともなにもないのに、むしろ文恵さんはお金は余ってるはずだ、なぜなら事業家であり、遺産なんていらないはず。

でも、健さんとの約束がことごとく達成されないので腹いせというか、そういうことで、分骨も了承しないし、遺産のことだって口出ししてきてんじゃないの、、、。と、あ・た・しの見解ですが。(笑)

以下は、女性セブンが、文恵さんに電話取材の応対の様子が描かれてますよ。

3月14日、慢性呼吸不全のため、この世を去った宇津井健さん(享年82)。彼は亡くなる5時間前に、名古屋の高級クラブ『なつめ』のママ・文恵さん(80才)と再婚。文恵さんは、遺産相続権は放棄することを明らかにしている。一部では、長男が家族と暮らしている東京都内の自宅を相続する権利があると長男に詰め寄っているとの噂もあるという。

 また、遺骨を巡っても文恵さんと長男の間では意見の食い違いが。

「息子さんは自分の母親(友里恵さん)が眠る都内のお墓に宇津井さんのお骨を入れてあげたいと思っているんです。ですから、文恵さんに分骨してほしいとお願いしているんですが、文恵さんは一切、それに応じようとしないそうで…。困った彼は、親しい人に相談しているみたいなんです」(宇津井家の知人)

 実際、前妻・友里恵さんが眠る宇津井家のお墓を訪れると、墓碑には宇津井さんの先祖と彼女の名前が記されているのみで、宇津井さんがお墓に入った様子はない。

 これらについて、文恵さんに電話で話を聞いた。

――宇津井さんの納骨は、どうするつもりか?

「本人の“私と一緒に”という遺言がありますので、名古屋でお墓を建てることになっています」

――前妻が眠るお墓には?

「分骨はしません。息子さんも“何もいらない”と言ってくれたので、ありえません!」

――長男は分骨を望んでいると聞いているが?

「よくわかりません」

 さらに自宅の遺産相続について話を聞くと、突然、語気を強めた。

「そういうことは、一切お話ししたくない! お宅(女性セブン)は、長男と何か関係があるの? あちらは、あなた(記者)を使って、そんな話を出そうとしているの? おかしいじゃない!?」

 こう言うと、ガチャリと電話は切られた。結局、文恵さんは遺産相続を主張していることを否定することはなく、また彼女の電話での応対からも、長男と揉めていることがうかがえた。別のテレビ局関係者がこう漏らす。

「お骨や遺産の問題だけでなく、お別れの会のことでも文恵さんと息子さんは揉めたみたいですよ。会場をどこにするかとか、仕切るのはどちらかとか…。戸籍上は家族とはいえ、息子さんからしてみれば、突然、“母”だといって出てきた彼女を認めることができないんでしょうね」

 結局、お別れの会で喪主を務めたのは長男だった。それが気に障ったのか、彼女は自分に関係する参列者にだけ、香典返しとは別の贈り物を用意していた。そして、その熨斗(のし)には『宇津井文恵』と綴られていたという。せめてもの抵抗だったのかもしれない。

※女性セブン2014年5月22日号


ピン子 宇津井健さんお別れ会で再婚相手に遺産関連辛辣手紙

宇津井健さん、亡くなる数時間前に入籍、その女性ってどんな人?(女性画像あり)
関連記事
スポンサーサイト
08:59  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/796-d5764ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。