CFD投資のメリット

10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.22 (Thu)

当局に立ちはだかる 「サイコパス」片山被告の多重人格疑惑

PC遠隔操作事件で、真犯人の片山くんって、やはりおかしいんじゃないかと思っていたら、

多重人格疑惑なる記事が出ていて、そうかもと思った。

まず、あのニヤニヤ顔、普通の人間ならこの後に及んで神妙になるでしょ。
それがこれだものね。

でも弁護人は、片山君をかなり知的、とも言っていた。佐藤弁護士は、自殺を考えさまよったあと10時間くらいも話しており、そういうことを言っている。

佐藤弁護士は、
引用:
「非常に知的で、嘘をつき通してきたことからも、頭の回転が非常に速い人というのは間違いない」

 「しかし、それを良くないことに使っていた。片山さんは、悪意を制御できなくなったと言っていた」
引用終わり:

嘘をつき通す、ということは、頭の弱い人間には出来ない。
頭が弱いと精神も軟弱に出来ているから、すぐボロを出すし、言ってしまう。

それが、片山君はここまで頑強に自分の意思を貫き通してきた。これは確かに頭のいい人間だろうね。

頭がよいことと、精神が、かい離していることとは、また別問題だ。

次回公判にでも、今度は、僕は無罪です、と言い張ったら最高(笑)

多重人格者ということになれば、

刑法第39条の適用を受ける可能性が出てくる。
「物事の善しあしを理解する是非弁別能力が欠如している場合は心神喪失者、能力が弱い場合は心神耗弱者とみなされます。前者は無罪、後者は刑が半分になります」(弁護士の山口宏氏)

引用:

日刊ゲンダイ記者が目撃した「仮面の下」
 遠隔操作ウイルス事件で威力業務妨害に問われている片山祐輔被告(32)が“白旗”だ。「真犯人」を装ったメールが自作自演だったことがバレるや、担当の弁護士に「自分が犯人です。すべて自分がやった」と告白。20日午前、保釈が取り消されて身柄を拘束された。

 この男、状況に応じていくつもの「仮面」を使い分けているかのようだ。逮捕前には「警察、検察へ、あそんでくれてありがとう」と挑発的なメールを送信。保釈後の今年4月には外国特派員協会で会見を開き、「私は無実」とシレッと言い張った。実はこの会見に向かうエレベーター内で、日刊ゲンダイ本紙記者は片山とばったり出くわしていた。

 このとき、メガネを外していた片山は何となく“負のオーラ”を漂わせていたが、会見場近くでメガネをかけた途端にまるで別人、“冤罪被害者の顔”になったことに驚いたものだ。

 19日に片山は「自分はサイコパス(精神病質者)。ウソを平気でつける」と弁護士に告白し、犯行を明らかにした理由を「母親を早く平穏な生活に戻してやりたいから」と説明したという。

 明大講師の関修氏(心理学)によると、片山の一連の犯行には計画性があるので統合失調症の可能性は低いという。考えられるのは2つ。ひとつは平気で悪いことをしたがる「反社会的人格障害」だ。ただし、これは精神疾患ではないので刑事責任能力を有するとみなされる。

「問題は解離性人格障害、つまり多重人格が疑われることです。片山被告は普段は母親思いのおとなしい性格だけど、何かの拍子に別人格となって悪いことをしたのかもしれません。つまり、ひとりの人間が善と悪のキャラクターを行ったり来たりする。今回、素直に罪を認めたのは善の心理状態にあったからではないか。注目は次の公判。ここで“自分は無実”と前言を翻したら、多重人格の疑いがさらに高まります」

 医師の鑑定などで多重人格と証明されれば、刑法第39条の適用を受ける可能性が出てくる。
「物事の善しあしを理解する是非弁別能力が欠如している場合は心神喪失者、能力が弱い場合は心神耗弱者とみなされます。前者は無罪、後者は刑が半分になります」(弁護士の山口宏氏)

 20日、報道陣の前に姿を現した片山は顔をにやつかせていた。やはり普通の神経の持ち主とは思えない。当局はまた振り回されるのか。
引用終わり:


関連記事
スポンサーサイト
21:15  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/849-45cac2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。