CFD投資のメリット

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.27 (Tue)

片山被告、母が工面した保釈金600万円没収

遠隔操作事件、片山が真犯人というので、あたしなども大変なショックを受けたのだが、
保釈保証金1000万円のうち、600万没収で、400万は返ってくることになった。

みな母が工面したものだそうだ。
親不孝者の片山くん。まだ先のことだが、誤認逮捕された4人にそれこそ土下座して謝ってほしい。心から反省して謝ってほしい。
当然、佐藤弁護士にも、母親にも、、、、、。
心から謝罪したとき、新しく人生は開けていくと思う。


引用:
 パソコン遠隔操作事件で威力業務妨害罪などに問われ、保釈が取り消された元IT関連会社社員・片山祐輔被告(32)について、東京地裁は23日付の決定で、被告側が納付していた保釈保証金1000万円のうち600万円の没収を決めた。

今後、400万円が被告側に返還される。

 片山被告は16日に「真犯人」を名乗るメールを報道各社に送信し、19日に一時行方不明となった。関係者によると、地裁は被告の行動が証拠隠滅や逃亡にあたると判断。ただ、被告がメールの自作自演を認め、逃亡も短時間だったことを考慮し、没収額は600万円にとどめたという。

 片山被告は今年3月5日に保釈されたが、今月20日に取り消されて東京拘置所に再び収容。弁護団によると、保釈金を工面したのは被告の母親だったという。


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
15:56  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/874-67c9ea78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。