CFD投資のメリット

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.27 (Tue)

(画像)戻って参りました…袴田元被告48年ぶり浜松に

袴田さん静岡に

新幹線で浜松駅に到着した袴田元被告(代表撮影、27日午後0時33分)

とうとう帰ってきましたね。ほんと嬉しいですね。
50年近い歳月、というのは想像を絶する。
更に死の恐怖。
これからもっともっと幸せになってほしいです。
絶対、無罪勝ち取りです!



人気ブログランキングへ

引用:

 静岡県清水市(現・静岡市清水区)で1966年6月、一家4人が殺害された「袴田事件」で死刑が確定し、静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌元被告(78)が27日、入院していた東京都内の病院から48年ぶりに故郷・浜松市に戻った。

 市内での記者会見では「浜松に戻って参りました」と話した。

 袴田元被告は、姉の秀子さん(81)らとJR東京駅から新幹線に乗り、午後0時半過ぎにJR浜松駅に到着して支援者の出迎えを受けた。新幹線の車内では「乗り心地はいいね」と話した。

 袴田元被告は3月27日の釈放後、長期間の拘置所生活で拘禁症状が出ていたため、都内の病院に入院していた。浜松市内の病院に転院し、退院後は秀子さんと暮らす予定で、同市内にある母親の墓前に再審開始決定を報告するという。

 袴田元被告は拘禁症状のため記憶力が落ちているが、秀子さんは「墓参りをし、昔を少しでも思い出してくれれば」と願っている。

 秀子さんによると、母・ともさんは、66年11月に始まった1審・静岡地裁の公判をほぼ毎回、傍聴した。秀子さんは「息子を信じていたのだろう」と振り返る。
関連記事
スポンサーサイト
16:42  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/875-8cdb7599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。