CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.03 (Tue)

W杯で湧くリオ「世界最悪の売春街」に潜入

世界最悪の売春街、ということは、危険!ということです。
ブラジルのリオデジャネイロ市だ。
2016年に五輪も控えるリオだが、危険極まりない都市のようだ。

その危険な置き屋街というのは、道はゴミだらけで、建物も今にも倒壊しそうな~、そこを歩く人たちは、ドラッグでもやってるかのようなトロ~ンとした表情をして、、、街中なのに下着姿やトップレスの女性たちが当たり前のように歩いている~~

鞄を持ってはいけない、下手するとピストルで撃たれる~~~

 いよいよサッカーW杯ブラジル大会(12日=日本時間13日=に開幕)まで、2週間を切った。7万人以上収容可能のスタジアムを持ち、7月13日(同14日)の決勝戦など7試合を行うリオデジャネイロ市はカーニバルなどが有名でブラジルが世界に誇る観光都市だ。だが、同時に「世界最悪の治安」でも知られている。そんなリオは今、どうなっているのか。“世界最悪の置き屋街”を含め、W杯直前の現地裏リポートを送る。

 W杯だけでなく、2016年に五輪も控えるリオ。だが、国際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ副会長は4月末「五輪の準備状況はこれまで経験した中で最悪だ。連邦政府、州政府、市当局のレベルで交渉しているのに、協力態勢がほとんどない。W杯も控え、他の社会的問題も抱えている」と明言した。IOCの重鎮がここまで不安視するリオで、まもなくW杯が始まること自体、ギョッとさせられる。

 実はこのブラジル、風俗大国で「世界3大風俗都市」にサンパウロが選ばれたこともある。ちなみに他はタイのバンコクとケニアのナイロビだ。風俗ジャンルとしても、タイやフィリピンでおなじみのゴーゴーバーのような雰囲気のボワッチをはじめ、エロサウナ、民家形式の置き屋カーサ、ローカル置き屋、援交カフェ、そしてストリートガールと様々なタイプが存在する。

 都市圏には何かしらの風俗があり、アマゾンなどの特殊な場所へ行かない限り、夜遊びができるほどだという。

 世界中の風俗事情に詳しい月刊情報誌「アジアンキング」(マイウェイ出版)のブルーレット奥岳編集長は、リオの置き屋街に潜入した体験をこう語る。

「市内の北部に位置するヴィラミモーザという置き屋街は、世界風俗遺産というものがあれば、認定したいほどすごい。この置き屋街は、ブラジル最大の問題点である治安の悪さそのものだからです」

 ブラジル政府はW杯開催に向け「治安を良くする」と宣言するほど、裏を返せば治安が悪い。中でもリオは群を抜いた犯罪発生率で、ブラジルで起こる凶悪犯罪の4割が集中している。ヴィラミモーザは、その中でも特に治安が悪いエリアに存在する。

 場所はリオ市内北部にあるサオ・クリストバーオ駅近くにあり、駅から徒歩10分ほどだが、治安が悪すぎるため、どうしても行かなければならない時にはタクシーに乗る必要があるほどだ。

 奥岳氏は「置き屋街に入ると、さすがにそれほど危険ではないのですが、初めて行く方は十中八九、その荒れた雰囲気にビビることになるでしょう。道はゴミだらけで、建物も今にも倒壊しそうな感じ。“スラム街に迷い込んだ”といった表現が、まさにピッタリくる感じです。通りには人々があふれ返っているのですが、その誰もがドラッグでもやってるかのようなトロ~ンとした表情をしており、街中なのに下着姿やトップレスの女性たちが当たり前のように歩いているのです」と説明する。

 世界には、スラム街の中に置き屋街がある例が複数あるが、危ない雰囲気では、間違いなくこの町がダントツだという。

 奥岳氏を案内した日系人男性はホテルを出る際に「カバンは持って行かないでください。お金は剥き出しで50レアル(約2300円)ずつに分けて、あっちこっちのポケットに、分散して持ってください」とアドバイスした。

「カバンを持たないのはひったくり防止、お金を分散して持つのは、ホールドアップされた時にすぐにポケットから出して渡せるようにするためなのだとか。金額が50レアルというのも、取られた方もあきらめられる金額だからです。それ以上になると、とった方も『被害者が警察に駆け込むんじゃないか』と恐れてしまい、とった後にピストルでズドンと撃つ可能性が高くなるんだとか。夜遊びにそこまで注意しなければならないというのも、この町ならではでしょうね」(奥岳氏)

 遊び代はショート部屋代込みで50レアルが相場で、ブラジルでは最も安い。命の保証すらできないピリピリした雰囲気が漂う“デンジャラス・プレーゾーン”なのだ。(東スポ)



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
11:35  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/911-4a2c26b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。