CFD投資のメリット

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.04 (Wed)

遺体写真が決め手 女児殺害容疑者を逮捕

遺体写真があったとはね
驚きですね。
殺人をする人間というのは、何を考えてるのか、空恐ろしい。

引用: 

発生から8年6カ月、未解決事件が大きく動いた。2005年12月、栃木県今市市(現日光市)の小学1年吉田有希ちゃん(当時7)が殺害された事件で、栃木、茨城両県警の合同捜査本部は3日、殺人の疑いで、栃木県鹿沼市の無職勝又拓哉容疑者(32)を逮捕した。1月に別の事件で逮捕され「自分が殺した」と供述していたという容疑者の逮捕の決め手となったのは、有希ちゃんとみられる遺体写真だった。

 捜査本部によると勝又容疑者は「殺したことは間違いありません。今言えることは有希ちゃんにごめんなさいということです」と供述している。

 勝又容疑者は、事件後間もなく捜査線上に浮上していたが、物証が限られたため捜査は難航した。当時、不審な白い乗用車が目撃されており、捜査本部は有力な証拠とみて所有者の特定を急いだ。しかし、同容疑者を割り出した時には車は処分された後だった。

 8年6カ月が経過していた未解決事件が一気に動きだしたのは今年1月だった。勝又容疑者をマークしていた栃木県警は、偽ブランド品を販売目的で所持していたとして商標法違反容疑で逮捕。その後の取り調べ過程で有希ちゃんの事件への犯行をほのめかす供述を始めた。

 決定的な証拠が得られたのは、勝又容疑者の家宅捜索を行った時だった。児童ポルノ画像など大量の押収物の中から、有希ちゃんとみられる女児の遺体を撮影した画像を収めたパソコンが見つかった。栃木県警の阿部暢夫刑事部長は記者会見で「自信を持って容疑者を逮捕するに至った」と力を込めた。勝又容疑者は「自宅に有希ちゃんを連れて行った後、別の場所で殺害した」と供述したという。

 逮捕容疑は、05年12月1日午後2時40分ごろから翌2日午後2時までの間に、刃物で有希ちゃんの胸を多数回突き刺し、失血死させた疑い。勝又容疑者は事件前に今市市(当時)に住んでおり、土地勘があったとみられる。また、遺体遺棄現場についても、母親の手伝いで複数回訪れたことがあった。有希ちゃんの母親は逮捕の知らせを聞いて「良かったです」と話したという。

 逮捕の前後、勝又容疑者は、一貫して容疑を認めている。だが、凶器となった刃物や有希ちゃんのランドセルなど所持品は「処分した」として見つかっておらず、殺害現場も特定できていない。「有希ちゃんとは面識がなかった」と話す勝又容疑者の動機は何か。事件の全容解明は始まったばかりだ。

 ◆栃木の小1女児殺害事件 05年12月1日午後2時50分ごろ、栃木県日光市(旧今市市)の市立大沢小学校1年吉田有希ちゃんが下校途中に友達と別れてから行方不明になり、翌2日午後、約60キロ離れた茨城県内の山林から遺体で見つかった。遺留品や有力な目撃証言がなく捜査は難航。遺体の付着物から採取されたDNA型は当初、有力な手掛かりとみられていたが、当時の栃木県警捜査1課長のものが誤って付着したことが判明した。今年2月中~下旬、別の事件で逮捕されていた勝又容疑者が「自分がやった」と犯行をほのめかす供述。栃木、茨城両県警、その合同捜査本部は、慎重に捜査していた。

 [2014年6月4日8時24分 紙面から]

関連記事
スポンサーサイト
14:50  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/923-6efd688d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。