CFD投資のメリット

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.11 (Wed)

理研、改革委「再発防止策」で理研センター長、笹井氏らの退任要求

こうなって当然かなと思う。

でも、
研究活動ではセンターの独立性が高いとして、野依(のより)良治理事長や本部の理事らの責任は追及しないとみられる。

というのだが、笹井氏は深く関与してるが、センター長は、ま、それなりだろう。

つまり、センター側が実験データや研究者としての実力を精査しなかったことや、採用後の指導が不十分だった点を重視した、ということだが、

それでも、野依(のより)良治理事長の責任を問わないというのは、合点がいかないが、、、、。



<聞き屋 魔法のランプ> 一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。


 理研、改革委「再発防止策」で笹井氏ら上層部に引導
「STAP細胞」の論文不正問題を受けて設置された理化学研究所の改革委員会(岸輝雄委員長)が、小保方晴子・研究ユニットリーダー(30)の所属する発生・再生科学総合研究センターの上層部交代を「再発防止策」に盛り込む方針を固めたことが分かった。改革委は竹市雅俊センター長と、小保方氏の指導役だった笹井芳樹副センター長の退任などを想定している。

 国内トップレベルの研究機関で起きた研究不正に対して、組織としての責任を明確にすることが再発防止に欠かせないと判断した。一方で、研究活動ではセンターの独立性が高いとして、野依(のより)良治理事長や本部の理事らの責任は追及しないとみられる。

 改革委は、小保方氏を研究ユニットリーダーに採用する過程で、センター側が実験データや研究者としての実力を精査しなかったことや、採用後の指導が不十分だった点を重視した。



人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
13:46  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/958-f88f5db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。