CFD投資のメリット

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサードリンク

こちらでも記事をアップしてます

聞き屋 魔法のランプ

<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。覗いて見てね。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.06.15 (Sun)

“世界一の不正”小保方氏が「教科書に載る」?

教科書に載るなんて、とんでもない不名誉なこと。
ま、これは、理化学研究所の「改革委員会」の市川家国委員の言ったことだが。

小保方さん、散々、酷いことを言われてるが、あたしには、どう考えても、小保方さんが不正を故意にやったとは、どうしても思えないなだが。

STAP細胞に飛びついた理研はじめ、笹井氏などによって乗せられてしまった結果に過ぎないように思うのですが。
小保方さんには悪意はない、と。

理研や、笹井氏にしても、STAPは凄いと、何とか業績を上げたいと焦った結果に過ぎないと思うが、やったことが汚ければ糾弾されても仕方ない。

しかし、世間の風は厳しいね。



 新型の万能細胞と期待されたSTAP細胞の問題について、研究不正の再発防止を議論していた理化学研究所の「改革委員会」が12日、報告書を公表した。記者会見の冒頭、岸輝雄委員長は「この研究不正事件について、ヨーロッパの友達から『世界の3大不正と認知されている』と連絡が来た」と苦笑いした。

 報告書では小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が所属する理研の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の解体を提言。小保方氏だけでなく、笹井芳樹副センター長らの厳しい処分を求めている。

 委員らはみなSTAP細胞の存在に対して厳しい見方だ。市川家国委員は「ヘンドリック・シェーン事件、韓国のES細胞論文不正事件と並ぶどころか、一番の例として教科書に載る。不正の種類も様々で、組織の対応もよくなかった」とバッサリ。理研が行っている再現実験を「やりたければやっていいけど、意味がない」と酷評した。
 
 ヘンドリック・シェーン事件とは、米国ベル研究所の研究者シェーンが、高温超伝導を実現したとして論文を捏造(ねつぞう)した事件。ES細胞の方ソウル大の黄禹錫元教授による捏造事件だ。小保方氏の事件はそれらを上回るひどさだというのだ。市川委員の言葉は止まらない。

「小保方氏が『間違ってました』と言いにくいのは、特許を申請しているから。故意に不正をしていたとなると(米国で)刑事罰に問われかねない。だから“故意じゃない”と言い続けないといけない」と分析し「(再現実験ができなかったときの)小保方氏の言い訳は予想できる。部屋の温度が違ったとか。結論がきちっと出るものではないと、みなさんも覚悟した方がいいですよ」と予告してみせた。

 小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士は、改革委の会見後に取材に応じて「報告書を詳しく読んでいない」と前置きしながらも「非常に厳しい内容と認識している。特に小保方本人に対する指摘の部分は、非常に厳しいものがある。これについては真摯に受け止めなければならない」と苦しい面持ちで語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/8937360/




<聞き屋 魔法のランプ> 話したい!!!何でも聞きます。一人で思い悩むのもいいけれど、誰かに聞いてもらうのも一法ですよね。




人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト
07:46  |  ニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://aikansya358.blog.fc2.com/tb.php/975-274c129d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。